業界はどう絞る?就活における業界の種類についても詳しく解説

市況分析 2022.12.27

業界はどう絞る?就活における業界の種類についても詳しく解説

「就活で業界は絞った方がいいの?」 「業界を考える前に準備しておくことはある?」 といった疑問を抱えていませんか? そこで、この記事では就活サイトである[「CheerCareer(チアキャリア)」](https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e)が専門的な観点から解説します。 具体的には * そもそも業界とは? * 業界を絞るメリット * 業界を絞る前に準備しておきたいこと * 効率の良い業界の絞り方 の順番にご紹介していきます。 まずは業界について改めておさらいして、就職活動(以下就活)を効果的に進めていきましょう。 この記事を読めば、就活に必要な業界の考え方や業界を絞るメリットについて理解が深まるので、ぜひご活用ください。 ## そもそも業界とは? 業界とは企業を産業や商業でカテゴリ分けしたものです。 取り扱う商品やサービスは業界によって異なりますが、それぞれが独立しているわけではありません。 例えば、メーカーが作った製品を商社が仕入れ、小売が販売するなど各業界は密接な関わりを持ち繋がっています。 志望動機や自己PRを考える上で、業界を絞ることは欠かせないステップと言えるでしょう。 ## 業界を絞るメリット 業界を絞るメリットは、大きく分けて3つです。 * 効率良く就活が進む * ESの精度が上がる * 志望動機に一貫性が生まれる * 効率良く就活が進む 業界を絞るだけでも、効率良く就活が進められます。 自分に合わない業界が事前にわかり、最低限の希望にかなう企業選びができるからです。 逆に言えば業界を絞らない状態の就活は、さまざまな業界の中から自分に合った企業を探そうとするのは時間も労力もかかってしまいます。 同じ業界の企業であれば、一度作成した志望動機を活用できるケースも多いため、選考対策にかける時間が削減できるでしょう。 ### ESの精度が上がる 業界を絞ることで、ES(エントリーシート)の精度も上がります。 業界の選択肢を減らせば、業界研究に割く時間をより多く確保できるからです。 特徴について理解すれば知識も増えるため、応募書類や面接の精度が上がるでしょう。 また同じ業界であれば面接での質問内容が似ているケースも多く、選考を重ねることで面接の内容をブラッシュアップすることも可能です。 ### 志望動機に一貫性が生まれる 業界を絞って志望動機を作れば、一貫性が生まれます。 業界の事業や社風、働き方などについて理解が深まるからです。 例えば「この業界でしかできない業務に挑戦したい」「自身のエピソードから業界に魅力を感じた」という考えが生まれます。 なぜこの業界でなければいけないのかが明確になり、面接官が納得できるような話ができるでしょう。 ## 業界を絞る前に準備しておきたいこと 就活を始めてすぐに業界を絞るのは難しいので、まずは次のように準備しておくことが大切です。 * まずは業界を知る * 自己分析をする * 説明会やインターンに参加する * 職診断ツールを使う * 業界本で調べる ### まずは業界を知る まずはどのような業界があるのかを知っておきましょう。 一部ですが、就活生が知っておきたい代表的な業界は次のとおりです。 |業界|特徴| |-|-| |メーカー|原材料を加工して製品を開発・生産する業界。開発は企画から設計までさまざまな工程があり、一貫する企業もあれば、一部を委託する企業もある。変化するユーザーのニーズに対応して、開発をしなければいけないため時流を読む力も必要。| |商社|メーカーから商品を仕入れ、小売に売り、仲介手数料により利益を生み出す業界。海外から仕入れることも多く、メーカーにも販売している。商社は多種多様な商品を取り扱う総合商社と、特定の分野を取り扱う専門商社の2種類がある。| |小売|モノを販売する業界であり、コンビニやスーパー、百貨店などが該当する。商社が企業と取引しているのに対して、小売は消費者と取引(B to C)型のビジネス。| |金融|金融はお金を通じて個人や企業と関わって経済を支えている業界。銀行や証券、保険などがこれに該当する。利息や預金の運用により利益を得ており、保険以外は有形商材を販売していないのが特徴。| |サービス|サービスは人々の暮らしを支える業界で、ホテルや鉄道、アミューズメントなど多岐にわたる。作ったものを提供するだけでなく、知識やアイデアを販売する無形商材も多い。| |ソフトウェア・通信|情報処理やシステム運用に関わっている業界。IT企業とも密接に繋がりを持っており、スマートフォンやVRなども広く普及しているため、今後も需要が高いと言われている。 |建設業|建設業法によって工事を行い完成させることを目的とする業界。建設工事のほか、建設工事の工程で必要となる事柄について深く関わることが多い。| |電気・ガス|生活に必要な電気・ガスを人々に届ける業界。技術職は設計から施工・管理まで多岐にわたり、さまざまな業務がある。| |マスコミ|テレビや書籍などさまざまな媒体を通じて情報を発信する業界で、放送や出版、広告などがある。常にタイムリーな情報が求められるため、就業時間は不規則なことが多い。| |官公庁・公社・団体|民間ではなく、国の指示によって公的な事業を行う業界。地方自治体の役所や警察、公立学校などがあり、官公庁では公務員試験が行われる。| ### 自己分析をする 業界を絞る前に、きっちり自己分析をしましょう。 自分の価値観や就活の軸が明確になり、自分に合った業界が見えてくるからです。 自己分析は次の手順で行うと効果的です。 * 学生時代に頑張ったこと、辛かったことをできる限りピックアップする * 友人や知人から自分のことについて長所や短所を聞く * 就職サイトや書籍などの自己分析シートを活用する 以上のことを繰り返すことで、自分の強みやPRポイントが明確になり、自分が働きやすい業界が見えてきます。 ### 説明会やインターンに参加する 説明会やインターンに参加することで、業界への理解が深まります。 なんとなく「自分には合わない」と感じていた業界でも、実務に触れれば新しい気づきや発見が出てくるかもしれません。 知識がない業界や興味のない業界も含めて、積極的に説明会やインターンに参加してみましょう。 またOB・OG訪問ができれば、実際に働く姿をイメージしながら話を聞くことも可能です。 ### 適職診断ツールを使う 就職サイト・エージェントで提供されている適職診断ツールを使ってみましょう。 簡単な質問に回答していくだけで、自分に合った業種や職種がすぐにわかるからです。 また診断結果を参考にして、今後の就活の進め方についても的確にアドバイスをもらえるでしょう。 ### 業界本で調べる 業界を絞る前に、業界本を活用してみましょう。 「就活四季報」や「業界地図」といった業界本を読めば、業界の全体像や市場動向などを知るのに役立ちます。 業界本は書店の就職本コーナーのほか、インターネットでも購入が可能です。 ## 効率の良い業界の絞り方 自己分析や適職診断といった準備をしたあとは、本格的に業界を絞っていきましょう。 効率の良い業界の絞り方は、次のとおりです。 * 希望条件と照らし合わせる * 大学の専攻と絡めて業界を考える * フレームワークを活用する * 就活のプロからアドバイスを受ける ### 希望条件と照らし合わせる 業界は、希望条件を照らし合わせて絞りましょう。 例えば次の4つの基準で考えるのがポイントです。 * やりたいこと * やりたくないこと * 譲れない条件 * 譲れる条件 やりたいことが「海外で働きたい」、譲れない条件が「年収」であれば、商社やメーカーなどが候補として挙げられます。 自分の導き出した価値観や就活の軸を、それぞれの業界の特徴を照らし合わせると良いでしょう。 ### 大学の専攻と絡めて業界を考える 大学の専攻と業界を紐づけて考えるのも一つのポイントです。 専攻と近しい業界であれば選考においてもスムーズに話が進み、就職後も長く働ける可能性があります。 例えば電子工学を専攻しているならメーカー、流通を専攻としているなら小売といった選択肢が出てくるでしょう。 また面接では、自分が「なぜその専攻に興味を持ったのか」という理由を説明できるようにしておくことが大切です。 ### フレームワークを活用する フレームワークを用いて業界を絞る方法もあります。 業界を絞るときに使えるフレームワークが「Will(やりたいこと)・Can(できること)・Must(すべきこと)」です。 例えばWillが30代までに「年収800万円以上」、Canが「TOEIC800点」、Mustが「自分の裁量で仕事をする」であれば、海外で活躍できて年収も期待できる商社などが挙げられるでしょう。 Will・Can・Mustの3つは輪で構成されており、3つの重なりがある部分がやりがいにつながると言われています。 ### 就活のプロからアドバイスを受ける 一人では業界を絞れないという就活生は、就活のプロからアドバイスを受けましょう。 プロからアドバイスをもらえば、自分の強みやPRポイントが明確になり、自分に合った業界が見えるようになるからです。 大学のキャリアセンターの職員に相談する、就活サイトのキャリアアドバイザーに相談するといった方法があります。 ## 自分に合った業界を知りたい方はCheerCareerへご相談を! 今回は業界の種類や絞るポイントについて解説しました。 就活を始める前にある程度業界を絞っておけば、その後の就活がスムーズに進みます。 本で調べたり、企業の説明会やインターンに参加したりして、事前に自分に向いている業界をリサーチしておきましょう。 自分に合った業界がわからない、準備が難しいという就活生は[「CheerCareer(チアキャリア)」](https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e)の利用がおすすめです。 就活で必要な自己分析やES対策に関する記事を随時公開しております。 また会員登録いただければ企業との面談や選考、インターンなどに関する情報もお送りいたします。 業界を深く知れる人気イベントも随時開催しておりますので、ぜひ[CheerCareer(チアキャリア)](https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e)を利用して、あなたの就活に役立ててください! [CheerCareer(チアキャリア)会員登録](https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e) [アプリDL(AppStore)](https://itunes.apple.com/jp/app/id1294969438) [アプリDL(GooglePlay)](https://play.google.com/store/apps/details?id=com.passionnavi&pcampaignid=MKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1)
この記事を書いた人
坂田憲亮
国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。人材業界の第一線を走り続けてきた経験をもとに、価値ある就活ノウハウをみなさまにご提供していきます。
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする