株式会社サティス製薬
+ フォロー
【採用チームへインタビュー】採用プロセスチーム

2022.08.31

【採用チームへインタビュー】採用プロセスチーム

こんにちは!サティス製薬採用担当の萩原です。

今回は、新卒採用チームへのインタビュー第一弾として、
説明会や面接などの裏側を支えている採用プロセスチームをご紹介します!

入社1年目の佐藤さんと、2年目の金輪さん(2022年3月当時)にお話を聞いてみました。

---

■採用プロセスチームではどんなことをしていますか?
佐藤)各選考の運営全般を担当しています。具体的には、説明会やグループワーク、司会などの運営や、合否連絡などを行っています。

■選考全般の運営を担っているということで大変なことも多いかと思いますが、躓いたことや苦労したエピソードはありますか?
佐藤)そうですね、色々な選考が同時進行で進んでいくので、全てを管理するのが大変です。1つの選考会が終わって終了ではなく、説明会が開催されているうちにグループワークなど次のステップの選考も始まります。こまめにスケジュールや各学生の進捗を追う必要がありますね。
金輪)そうですね。あとは、トラブルなく運営する「仕組み作り」も難しいなと思います。例えば、説明会やイベントをキャンセルする学生への対応が統一されておらず、人によって対応方法が異なっていました。そこで、学生はもちろん社員も混乱させないために、対応フローを作成し統一しました。

■大変なことも多い分やりがいも大きいかと思います。やりがいを感じたエピソード教えていただけますか?
金輪)チームみんなでより良いものを、と何度も議論し考えた内容が承認された時や実際に運営できた時ですね。私たちは、1・2年目で考えた内容を当社代表の山崎に直接提案し、承認を貰っています。しかし、すぐに承認を貰うことは難しいんです。なので、みんなで考えを練ってようやく目的に沿った企画を考えられ、それが認められた時や形になった時は、とても嬉しかったですね。
佐藤)私は、選考フローの中にあるテストの採点方法を簡略化させたことです。これにより、採点にかかる手間を削減し生産性を向上させることが出来ました!これにより、採点ミスが起こりづらくなり、採用の仕組みをより良くするために時間が使えるようになったときは、やりがいを感じました。

---

いかがでしたか?
若手社員が社長に直接何かを提案できる機会がある、サティス製薬ならではのエピソードなのではないでしょうか。

サティス製薬では化粧品提案インターンを開催予定です!
エントリーをお待ちしています。

投稿一覧
1234