第四弾◾️なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?実力主義

2020.11.27

第四弾◾️なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?実力主義

こんにちは、 SUMUS代表の小林です。
今回はシリーズ「なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?」の第4弾(最終回)になります。

コンサルティングファームの人気の要因は、職種そのものではなく、「働き方のイメージ」が今の就活生が思い描く理想に近いからではないかと、私は感じています。

当社の内定者やインターンに参加した就活生に「コンサルティング業界への志望動機」を聞いてみると、おおむね次の4つに集約されることがわかりました。

①知的好奇心が味わえる
②社会的に大きな影響を与えることができる
③主体的に取り組める
④実力主義

今回は「④実力主義」という働き方のイメージついて、コンサルティングファームの代表として実態を語っていこうと思います。

なお、イントロダクションと第1弾、第2弾、第3弾の記事は下記を参照ください。

なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?
①知的好奇心が味わえる
②社会的に大きな影響を与えることができる
③主体的に取り組める

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|「結果がすべて」の働き方にシフト
就活生にとって内定は決してゴールではありません。
さらに言うと、ビジネスパーソンとしてのスタートラインにもまだ立っていません。
この先、仕事において自分がこの先どのような経験を積み、どのようなビジネスパーソンになるのか。
今のうちに自身の働き方をイメージしておくことが重要です。

一昔前であれば、会社がキャリアを決めてくれていました。
年功序列のシステムがベースにあり、そこに昇給や昇進などのスゴロクのマスが配置されていたのです。

しかし、時代は変わりました。
働き方が多様化し、転職することも当たり前になったこの時代に、キャリアプランを会社に求めても意味がありません。
自ら考え、答えを出さなければならないのです。

アフターコロナ・ウィズコロナにおいて、がむしゃらに努力することが美徳とされる風潮は薄れ、
あるいは“働いているフリ”をしていた人が淘汰され、
世の中全体として「結果がすべて」の働き方にシフトしようとしています。

続きはこちらから

▼SUMUS会社説明会
https://cheercareer.jp/company/seminar/3815

投稿一覧
123