株式会社ラヴィゴット
フォロー

この投稿をシェアする:

1年間の中身

1年間の中身

おひさしぶりです、人事のかんぬです。
3月になり就活が解禁されましたね。そして来月からは新入社員が入社してきます!
自分が先輩という立場になるということで、今回は入社1年目を振りかえってみようと思います。ちょっと長めですがお付き合いください。
 
実は私がラヴィゴットに出会ってからちょうど2年が経つのです。(2019年3月28日の説明会に参加)。社会人として働いて今週で1年経とうとしているのですが、出会いから2年も経つのは早いなと思いました。説明会から始まり内定を頂いてインターンやって入社…。元々営業として採用して頂いてから一転、管理部に配属。入社前に部署移動ってなにって家族にすごい爆笑されました。私が聞きてえ。
業務は人事もそうですし、経理とか総務等経営に近い業務をやっていて「私お金関係とか学んでないけど大丈夫なん?ウケる。」って思いながら仕事していました。
 
よく説明会で、「仕事をしていてやりがいを感じる時や嬉しいことは何ですか。」という質問をされます。私は「学生さんや求職者の方がラヴィゴットに入社を決めてくれたこと」が1番嬉しいです。梁川代表は内定承諾者が決まるとその度に自宅で宴を開くそうなのですが、1年間採用を行ってきてその気持ちがわかるようになりました。
来月入社してくるインターンズに改めて。「ラヴィゴットに決めてくれてありがとう。」
もちろん社内イベント等を開催してラヴィゴットメンバーが楽しんでくれたり、喜んでくれたりするのを見るとやってよかったなとやりがいを感じます。
 
本当に新しいことの連続で、業務を覚えたりこなしていく怒涛の1年間でした。
社会人1年目、代表やメンバーの優しさ、指導でなんとかやってくることができました。でも私の中で一番支えとなっているのはやはり「同期」の4人です。(私の同期は4人います、トップの写真です)。それぞれ全く違う仕事をしているので、各々で頑張っているところを見たり、評価されていると知ると自分のことのように誇らしく思う部分もあり、羨ましいとも思います。同期が頑張っているから自分も負けずに頑張ろうという気持ちになります。
振り返ると、仕事もそうですがプライベートでも遊んだり、オンラインで呑み会したり色んなところで同期に支えてもらっていると感じました。私の同期になってくれてありがとう。本当にいつも助かっています。
私は社員も同期にも恵まれた会社に入社できてよかったなと思います。
 
振り返りは以上です。想像以上に長くなってしまった、すみません笑
梁川代表に「まだまだやってもらいたいことはあるんやけどなあ。」と言われ、「やってやらあ。」と思いながら2年目も頑張ります。

きゃんぬ
事業統括部管理課アソシエイト
大学卒業後、管理部管理課(現:事業統括部管理課)として2020年…詳細を見る
大学卒業後、管理部管理課(現:事業統括部管理課)として
2020年株式会社ラヴィゴットに入社。

チャームポイントは紫のヘアカラー。
説明会でたくさんお話しましょう!




▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ラヴィゴット