【例文付き】就活面接で良い印象を与える自己紹介の方法

面接対策 2021.11.03

【例文付き】就活面接で良い印象を与える自己紹介の方法

## はじめに 就活では自己紹介をする機会が多くあります。そして、ほとんどの就活生が「自己紹介ってどうすれば良いのか?」と悩みます。 企業によっては自己紹介の内容を指定する企業もありますが、基本は自分で考えて自己紹介をすることがほとんどです。 そして、自己紹介は自分の第一印象を決める面接でもっとも重要と言ってもいい場面です。その重要な自己紹介で失敗するのは嫌ですよね? 今回はそんなあなたのために、**自己紹介で伝えるべきこと、面接官に良い印象を与える方法、そして自己紹介の練習法**までお伝えします。 この記事を読んで自己紹介を上達させ、就活を成功させましょう! ## 自己紹介の目的 そもそも就活で自己紹介をする目的は何だと思いますか? 企業側の目的としては、求職者(就活生)がどんな人物なのかを話す内容や表情から見抜くためです。 逆に、就活生の目的としては、自分がどんな人間なのかを知ってもらい、面接官に自分がどんな人間なのかを大まかに知ってもらうためです。 なので、どんな内容を自己紹介で伝えるか、どんな表情や仕草をしているかで大きく面接官が受ける印象も変わります。 自己紹介を考えるときは、面接官にどんな印象を持ってもらいたいのかをきちんと考え、それに合った自己紹介内容、表情・仕草などを考えてみましょう。 ## 自己紹介で伝えるべきこと さて、お待ちかねの自己紹介で何を伝えるべきかをお伝えします。結論、以下の項目があれば良質な自己紹介になります。 * 名前 * 大学名 * 学年 * 学部/学科 * 大学で勉強していた内容 * 学生生活にどんなことを行っていたか(ガクチカではない) これらの項目をきちんと整理して、端的に伝えることができるようになることがまずは大事です。 結局、面接官は求職者(就活生)がどんな人で、どんなことをやってきたのかを知り、自社に合いそうなのかを知りたいだけなんです。 だから、余計な情報を詰め込みすぎたりする必要なありません。**面接官が最低限知りたい情報を提供してあげましょう。** また、自己紹介の内容を事前に指定してくる企業もあります。そのときはその指定された内容に従って自己紹介を行ってください。 ## 面接官に良い印象を与える自己紹介 次に、面接官に良い印象を与える自己紹介をお伝えします。面接官に良い印象を与えるには、2つの要素を磨かなければいけません。 1. 自己紹介の内容 2. 自己紹介中の表情 この2つがマイナス評価を受ければ次の選考に進むことはないです。 ではまず、1の自己紹介の内容からお伝えしましょう。自己紹介の内容は「自己紹介で伝えるべきこと」でもお伝えした6つの要素を入れれば良いです。 * 名前 * 大学名 * 学年 * 学部/学科 * 大学で勉強していた内容 * 学生生活にどんなことを行っていたか(ガクチカではないです) この6つをきちんとまとめて自己紹介を行います。 上記の内容を使って、実際に良い印象を与える自己紹介例を紹介します。 (自己紹介例) 「よろしくお願いします。◯◯大学△△学部4年の××です。 大学ではマーケティングのゼミに所属しており、主にテレビCMを使ったマーケティングの勉強をしています。 最近では、★★会社のテレビCMの事例を取り上げて、なぜ★★会社の商品が大ヒットしたのかを考え学内のゼミ対抗戦でプレゼンし、 優勝することができました。 また、学業以外では学生団体での活動に注力しました。発展途上国に学校を建てるために募金を集める学生団体で、 より多くの方に募金して頂くために日々PR活動を行っておりました。 本日は改めてよろしくお願い致します。」 いかがでしょうか?あくまでも上記は一例なので正解ではありません。自分に合った自己紹介を考えてみてください。 続いて、2の自己紹介中の表情です。 理想としては、面接中は自然な笑顔をキープしておくことです。 実は、これができていなくて悪印象を与えてしまっている人は結構います。 もちろん、あまりにも大袈裟な笑顔は作らなくて良いですが。 面接官に好印象を与えるにも、自然な笑顔を作って話し、自然な笑顔を作って話を聞くようにしましょう。 実際に自分が面接をする側に回るとわかりますが、同じ内容を話していても、表情一つで受けての印象は大きく変わります。 表情の影響はそれくらい大きいのです。 ## 自己紹介の練習法 自己紹介を上達させるためには練習をするしかありません。 話す内容もそうですが、表情の練習も必要となります。 ここでは、1人で練習できる方法と他人に協力して頂く方法の2つをご紹介します。 1人で自己紹介を練習する方法は2つあります。 **1つ目は、鏡を見て練習することです。**鏡では特に表情を見てみてください。自然な笑顔ができているかを確認しながら練習できます。 また、録音をしておくのも良いです。響きの良い声か、話すスピードは早くないか、などが確認できます。 **2つ目は、録画することです。**今はパソコンでもスマホでも録画ができる時代です。自己紹介している姿を録画してみて、声・表情ともに問題がないかをチェックしてみてください。 続いて、他人に協力して頂く方法です。 やることは簡単で、実際に家族や友人に面接官役をやってもらい自己紹介を行って、どんな印象を受けたのかを聞いてみてください。 話の内容もそうですが、表情や話すスピードに対して適切なアドバイスをくれるはずです。 事前にどんな点をみて欲しいか伝えてやると、相手もやりやすいですよ。 ## おわりに いかがでしたでしょうか? あなたにとってベストな自己紹介が完成することを願っております。 ぜひこの記事の内容を活かして、自己紹介を作ってみてください! そして、就活生のあなたに素敵なお知らせがあります。 株式会社Cheerでは、就活生を対象とした[個別キャリア面談](https://cheercareer.jp/event/detail/255)を行っております。 経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの就活を全力でサポートしてくれます。 面接対策、ES対策だけでなく、キャリア相談にも乗ってくれます! 「もっと自分のキャリアを明確にしたい!」という方は、下記のURLからキャリア面談の予約をしてみてください。 https://cheercareer.jp/event/detail/255 よろしくお願いします。 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする