【体験談】リモートワーク未経験者がフルリモートでベンチャー企業に就職してみた

マナー 2021.04.14

【体験談】リモートワーク未経験者がフルリモートでベンチャー企業に就職してみた

コロナ禍も1年を過ぎ、すっかり生活スタイルや仕事のスタイルが変わってしまった! という皆さんも多いのではないでしょうか? 就活生の皆さんは面接や説明会がオンラインに変わり、社会人の皆さんは色々な仕事が リモート、オンラインに切り替わった事でしょう。著者である私もその一人です。 今回は**「なぜ私がリモートワークでスタートアップベンチャーに転職したのか?」** 体験談をお届けします。 ![リモートワークは快適?](https://drive.google.com/uc?export=view&id=1FSLPrmQmHtzD861Ab_--Ay09yMgZR5UN) ## リモート未経験者がなぜリモート転職? ### やりたい仕事が地元にはなかった まず始めに!わたしには全くリモートワークの経験はありませんでした。 **HR業界で14年間**、法人営業、採用業務、マネジメントの業務にあたり、 その後10年は保険業界でセールスの仕事をしていました。 むしろ**リモートワークとは縁遠い世界**にいたのです。 しかしコロナ禍をきっかけに私の人生は大きく動きました。 前職に大きな不満があったわけではありません。 ただ、大学を卒業し直ぐに就いた人材業界でしみついたHRアンテナは保険業界にいても ビンビンに張っていて、ここ最近の**HR市場のスピーディーな発展、大きな変革**には 興味があったのです。 これまでもHR業界への出戻り転職を考えなかったわけではありません。 しかし**地元には自分の思い描くHR企業は無かった**のです。 ところが!**コロナ禍でリモートワークが浸透**。 早々に転職市場にはリモートワーカ―の求人が出始めました。 今までなかなか出会うことができなかった首都圏のスピード感溢れる会社との 出会いが爆増し、私の転職熱は更にヒートアップしていったのです。 ### 転職サイト登録~就職まで というわけでリモートワークに興味を持ち始めた私はリモートワークにフォーカスした 転職サイトを覗き始めました。 転職サイトに登録をしESを一生懸命書きキャリアコンサルタントとの面談に挑みました。 10年のブランクがあるとは言え人材業界14年の経験は伊達ではありません。 コンサルの方に自分を**より良い企業に紹介してもらう為**には面接以上に気合が必要と ESの内容を頭にたたき込み、リモート面談であるにも関わらずスーツを着こみ姿勢を正し 面談に挑みました。そして**素晴らしいコンサルの方に出逢う事が出来た**のです。 すぐに私に向いていそうな企業をピックアップして頂きスムーズに面接へとこぎつけました。 **東京⇔熊本のオンライン面談からのオンライン面接。そしてめでたく転職成立!** 地方在住の私にとって * すべてがオンランで成立するという感覚 * 一連のスピード感 すべてが「世の中凄いことになってる!」の驚きでした。 ### わたしのリモートスキル リモートワーク未経験の私ですが全くPCが使えないわけではありません。 オンライン会議システムでの商談、エクセル、ワード、パワーポイント、メール ここら辺は問題無く使えました。 また、新しい事には興味のあるタイプでエンタメはAmazon プライムにNetflix 音楽はSpotify、銀行はネットバンキングと**地方在住の割にはDX率高めと自負**していました。 ## リモートワークの洗礼 ### バーチャル朝礼に無事出席できるのか?   事前に「バーチャルオフィスがあって、テキストはslackでやり取りするよ~」 と説明を受けてはいたものの**リモートワークの全容については 全くイメージがついていませんでした。** 事前に会社から郵送してもらっていたPCを開くとバーチャルオフィス(discord)が 自動的に立ち上がる様になっていました。 就業開始日の9:00になったらログインして「全体会議室」に入って下さいね! と説明を受けていましたが、そもそも無事にログイン出来るのか? 「全体会議室に入る」とはいかなる事なのか? 結果的に無事に朝礼に参加することは出来たのですが このドキドキは序の口で、この先、**更にリモートワークの洗礼を受ける事になったのです。** 「地方在住の割にはDX率高めと自負」は完全に打ち砕かれました。 ### リモートワークで使用される多くのツール すべてをオンラインで済ませて行くわけですから、それはそれは色々なツールを使用します。 * 音声はディスコード * テキストはslack * ファイルはgoogleクラウド * ビデオ会議システムはzoom、GoogleMeet * お客様とのやり取りはchatwork,slack,LINE,Messenger,メール 一気に目にした私はパニックです。 各ツールには無数のチャンネルも存在します。 始めは、**そのツールが何を目的としたものなのか?イメージがつかなかった**のです。 私のスキルは全くではありませんが殆ど役に立ちません(涙) 自分の経歴と年齢を恨みました、、 これまでの仕事で、これらのツールを使っていたら!もっと若ければ! 言っても仕方がないので今でも食らいつく毎日ですw ただ!**デジタルネイティブに近い若人の皆さんは、アッ!と言う間にツールを 使いこなせる様になるはずです。** ## 転職先はスタートアップベンチャー わたしの転職先は創業8か月のスタートアップベンチャーです。 コロナ禍に生まれた会社という事もあり**リモートワークでも仕事が上手く進む工夫 社員が密に関係を築ける工夫がなされています。** ### バーチャルオフィス バーチャルオフィスには、実際のオフィスと同じように色々な部屋があります。 そして常に**音声で繋がれる様になっている**のです。 * 全体会議室に皆で入り朝礼・夕礼 * ミーティングルームで会議 * 各部署の部屋で仕事 ![バーチャルオフィス](https://drive.google.com/uc?export=view&id=1l-QuzRr0H35w5Jemlu0ah-nhOgMZvyt3) ### リモートワーク色々な工夫 **月一のオンライン飲み会**もあります。 社員だけでなく内定者やインターン生も参加!部署関係なし!です。 というか、そもそも皆な違うエリアに住んでいるのです。 私は熊本、宮城の仙台や高知、滋賀、そして東京メンバー。 **まさに住んでる所はバラバラ**です。 ですがスタートアップベンチャーだからこそ、より快適なリモートワーク環境を みんなで作って行くことが出来ています。 これからも、どんどん良くして行こうとみんな考えています。 ## 【リモートワーク】困ったことあるある! コロナ禍になり勤務先でリモートワークが推奨される様になった人も多い事でしょう。 **リモートワークは新しい働き方**です。当然お悩みも多いはず! ![リモートワークで悩みがある人](https://drive.google.com/uc?export=view&id=1rqdYUcjqWpxsk32LoraH1-PJW7c9A4kw) という結果になっています。 急なことで準備が間に合っていない!最適解が見つかっていない!なんて声が聞こえてきそうですね。 それでは具体的には、どんな事に悩んでいるのか?みてみましょう。 ![リモートワークお悩みランキング](https://drive.google.com/uc?export=view&id=1jvAhaDh5ttY5mSbL_-Bkr52kFEUMZueF) リモートワークには、まず環境を整えることが大事な様ですね ## 快適なリモートワークみんなが工夫したこと リモートワーカーの皆さんは、どんな工夫をして快適な毎日を送っているのでしょう? ### リモートワークの悩みは工夫で乗り越えよう リモートワーク**最大の利点は通勤しなくて良い事!** このメリットは誰しもだ感じる所だと思います。 **家族との時間や、趣味へ割く時間、運動する時間など通勤に使っていた時間を自分の為に使える**のです。 いずれにせよコロナ禍にあっては嫌でもリモートワークを継続しなければならないわけです。 であれば少しでも快適にリモートワークを行いたいですよね。 ここではリモートワーカーが工夫していることを見てみしょう。 ![リモートワークで工夫したことランキング](https://drive.google.com/uc?export=view&id=1QfwSjDouUvXqOtc6yRzRBvxIFDP8Yauu) ### 工夫は続くよどこまでも みなさんはどんな工夫をしているでしょうか? ランキング以外で私がしている工夫をいくつかあげてみます。 * エアコンで目が乾燥するので加湿器をおく * PCの前には付箋をたくさん貼れるようにしておく * ゴミ箱を椅子の隣に置く オンライン面談の多い人には * 事前に移動しなくて良い様にメイクセット、鏡をデスクに常備 どんどんと新しい物が生まれ新しい環境が生まれる世の中です。 **工夫し続けることが快適への道**の様な気がしますね。 ## 地方在住でもベンチャーやスタートアップ企業にチャレンジできる時代 今までは「地方在住×ベンチャー就職」の選択肢はありませんでした。 ですがコロナ禍になり両方選べる時代が来たのです! **地方にはベンチャー企業やスタートアップ企業は、あまりありません。** リモートワークが浸透したことで、地方に住んでいながらも別地域の企業への就職や転職 インターンが可能になりました。 自分の地元を愛するがゆえ、ベンチャーやスタートアップ企業への就職 諦め無ければならなかった時代はもう終わったのです。 ![潤いのある人生を](https://drive.google.com/uc?export=view&id=1vTtmP75ndj7PyLDe1fXhgDPVwwvrrw4f) 熊本から東京のスタートアップベンチャーに転職した私。 リモートワークに慣れていくのはとても大変です。 しかしそれ以上に地元では決して味わうことの出来ない **「新しいことに触れる刺激」「スピード感」「ワクワク感」を感じる事が出来る**のです。 私は、こんなに素晴らしい転職が出来るとは1年前は思っていませんでした。 地方には、この働き方を知っている人は少ないでしょう。 **「地方在住×ベンチャー就職」の成功例となり先駆者になるのが私の目下の目標**です。 とはいえリモートワークはまだまだ新しい働き方。 就活中の皆さんにとっては不安も大きいはず。 そんな時はインターンシップ制度を利用してみましょう! 地方にはまだあまり普及していない制度ですが**都心のベンチャーやスタートアップ企業では 「リモートインターンシップ」を導入している企業もあります。** そんな求人を探してみたい人は [ベンチャー・成長企業に特化した採用メディア「CheerCareer」がおススメ!](https://cheercareer.jp/) [リモートワークOKな仕事特集!](http://cheercareer.jp/search/offer_list/remote-work )
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする