2022卒必見!対面とオンラインで就活がどう変わるのか徹底解説

市況分析 2020.10.27

2022卒必見!対面とオンラインで就活がどう変わるのか徹底解説

【目次】 1. 2021卒就活からみるオンライン就活の現状 2. 2022卒企業説明会はオンライン×対面? 3. インターンシップは変則的? 4. オンライン面接には準備が必要 5. 2022卒就活生が変化に対応するためには? みなさんこんにちは! CheerCareerインターン生の村上です。 9月になり、秋インターンの選考や、早期選考が動き出す時期になってきましたね。 しかし、例年の就活と違うのは新型コロナの影響で **① 就活がオンライン化** **② それに伴う選考などスケジュールのずれ込み** が起こっているということ。 2022卒のみなさんにとっては、就活×コロナと二重の意味で戸惑っているかもしれませんが、 『対面とオンラインで就活がどう変わるのか』 これを正しく理解することで、変化の激しい状況でも柔軟に対応できるようになりましょう! ## 1. 2021卒就活からみるオンライン就活の現状 ### 数字から見る就活の現状ー2021卒採用活動から まずは、HR総研が行った7月の調査結果をもとに、 新型コロナ流行以降、就活の現状がどうなっているのかをみていきましょう。 この調査結果によれば、2021卒の採用活動では 「半数以上の企業がオンライン面接を行っており、なかでも大企業では8割以上がオンライン面接を行っている」 との結果が出ています。 [HR総研:2021年卒及び2022年卒採用活動動向調査 結果報告](https://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=273) また、ESの提出がオンラインで済むのはもちろんのこと、 すでに6割近くの企業が最終面接までをオンラインで実施しており、 最後まで対面の選考を行わずに内定を出す企業が多くなっていることが分かります。 以上のデータから、2022卒の就活においても「オンライン就活」がより重要になってくることが考えられます。 ## 2. 2022卒企業説明会はオンライン×対面? ### 企業説明会のオンライン化 新型コロナ感染対策に伴い、企業説明会もオンラインで行われるようになっています。 企業の説明会と言えば、ビックサイトなど大きな会場で開催される合同説明会をイメージする方が多いと思いますが、 最近はオンライン+対面同時開催といった試みも見られるようになってきました。 例えば、10月17日に東京で開催される「マイナビ 仕事研究&インターンシップ EXPO」では、 対面:完全予約制、2部制 Web:視聴予約→生配信の企業説明会動画を視聴 どちらか好きなほうを選んで企業説明会に参加することができます。 [10月17日 仕事研究&インターンシップEXPO東京会場](https://job.mynavi.jp/conts/event/2022/5293/index.html?func=PCtop#speech-school) ### オンライン説明会のメリット・デメリット とはいえ今後、対面が増えるか、やはりオンライン化されていくか見通しを立てることは難しいです。 変化の激しい現状でうまく立ち回るためにも、 オンライン化された企業説明会のメリット・デメリットをここで確認しておきましょう! 〈メリット〉 **時間と場所の制約を受けず、気軽に参加できる** 〈デメリット〉 **対面ならではの企業との「偶然の出会い」が生まれにくい** オンラインで参加できることは、手軽さという点ではメリットになりますが、 それは同時に「自分で選択した企業としか出会えない」ことも意味します。 その点で、オンライン就活では「就活生の情報収集能力や能動性がより求められるようになる」といえるでしょう。 ## 3. インターンシップは変則的? ### インターンシップのオンライン化 インターンシップに関しても、オンライン化が進んでいます。 ひとくちにインターンシップといっても * 1DAY * 2~3DAYS * 4~5DAYS * それ以上 などの種類があり、日数や規模感は様々ですが、なかでもオンライン化に伴って「1DAYインターン」が増加傾向にあります。 また、インターンシップの開催時期に関しても、やや後ろ倒しになっている傾向があります。 この理由には、企業各社がオンライン化に対応するために時間がかかったことが考えられ、 例年通りの予定ではない、変則的な予定に注意が必要です。 ### オンラインインターンシップのメリット・デメリット 現状で対面インターンシップを行っている企業はごく少数で、 インターンシップに関しては秋以降もオンライン予定で告知している企業がほとんどです。 ここでもオンラインインターンシップのメリット・デメリットを確認しておきましょう! 〈オンラインインターンシップのメリット〉 *** 交通費が浮く(地方就活生にとっては重要!)** *** 時間が有効に使える** *** 気持ちが楽(会社に行かないぶん、緊張が和らぐという声が多数)** 〈オンラインインターンシップのデメリット〉 *** 実際の会社の雰囲気が分からない(オフィスなども見ることができない)** *** 就活友達ができにくい** *** オンラインならではのコミュニケーションの難しさがある** こちらもインターンシップがオンライン化することにより 「気軽さ」というメリットが生まれる反面、対面で出会えないデメリットも同時に生まれてしまいます。 特に就活生同士では、対面で生まれやすい「ふとした瞬間のコミュニケーション」がオンラインでは生まれないため、 関係性を深めることが難しいケースが多くなります。 そのため、就活友達を作るためにはLINEなどのQRコードをバーチャル背景に設定してみたり、 より手軽に交換できるTwitterを聞いてみたりなど、オンラインならではの繋がり方を実践する勇気が必要です。 筆者にも、インターン中にZoomのプライベートチャットを使って繋がった就活友達がいます! ## 4. オンライン面接には準備が必要 ### 面接のオンライン化 面接に関しても、2021卒の採用活動からわかるようにオンライン化の動きが活発です。 実際に2022卒のサマーインターンでは、ほとんどの選考がオンライン面接で行われました。 今後は対面とオンラインの併用になることが予想されますが、オンラインでの面接も一定程度利用されることが考えられます! ### オンライン面接に必要なもの オンラインで「面接」を受ける際には特に、周辺機器・環境の準備が必要になってきます。 具体的には、 * マイク * カメラ * 回線速度 * 背景(実家の場合は特に!) この項目を確認する必要があります。 詳しくはweb面接に関する記事をチェック! https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/469 ## 5. 2022卒就活生が変化に対応するためには? ### 就活のオンライン化に伴って ここまで、就活がオンライン化するにあたってのメリット・デメリットなどを現状を分析しながら考えてきました。 オンライン化に対応していくことが必至と考えられる今後では、 就活がオンライン化する際の「メリット・デメリット、変化するもの・しないもの」を きちんと理解することが大事になってくるのではないでしょうか。 ### オンライン・対面どちらでも変化しないものがある ひとつ忘れてはいけないのは、就活がオンラインであっても、対面であっても、 取り組むべき**自己分析・企業研究**といった、本質的な部分は変わらない ということ。 就活のオンライン化でなにが変化すること・しないことを正しく理解してさえいれば、 目先の情報に踊らされずに、「今なにをすべきか」が見えてくるはず。 正しい情報を選択し、理解することで、変化の激しい現状でも柔軟に就活を進めていきましょう! CheerCareer(チアキャリアでは)、内定直結イベントやSE添削、面接対策などさまざまなセミナーを開催しています。 ぜひあなたにぴったりのセミナーを見つけてください! ☞[就活イベント・セミナー一覧](https://cheercareer.jp/event)
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする