面接で緊張しないために必要なことや面接当日の対処法を分かりやすく解説!

面接対策

面接で緊張しないために必要なことや面接当日の対処法を分かりやすく解説!

就活で避けては通れない「面接」 この面接に苦手意識を感じ、緊張で思うように話せないと不安を抱えている就活生が多いと思います。 そこで今回は、面接に付きまとう緊張が悪いものなのか、そして面接で緊張しないために必要なことや面接当日に緊張をほぐす方法について解説します。 ぜひ最後まで読んでみてください! https://www.tiktok.com/@cheercareerceo/video/7260023530794880274
\企業が就活生に求める要素を診断できる!/
チアキャリア就活適性検査


適性検査
就活の初めにおすすめなのが、チアキャリアの就活適性検査です。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の特性や能力を診断してくれます。 診断テストの質問は、企業が就活生に求める要素をもとに構成されています。「社会人基礎力」と「活躍ポテンシャル」の2軸で測定されるので、志望動機につなげることも可能です。 自己分析の代わりになるので是非利用してみて下さいね◎ 質問に答えるだけで自分に合った企業とマッチングできるので、ぜひ活用してみてくださいね。
>>適性診断を受ける<<

1.緊張することは悪い事なのか

そもそも緊張することは悪いことなのでしょうか。 緊張することのメリット・デメリットを挙げながら解説していきます。 メリットとしては、適度が緊張感を持つことで気が引き締まります。気が引き締まることで、適切な言葉遣いや表情、態度(行動)に繋がるため、志望度の高さや社会人として相応しいと感じてもらえるでしょう。 デメリットとしては、過度な緊張によって回答に矛盾が生じたり、文章構成が出鱈目になってしまうことです。つまり、面接官に上手く伝わらない(誤解を招く)可能性があると言え、コミュニケーション能力の観点などでマイナスになってしまうでしょう。 緊張することのメリット・デメリットから分かることとして、 **「適度な緊張であればメリットをもたらす」 「過度な緊張であればデメリットをもたらす」** ということです。 したがって、緊張することそのものは決して悪いことではなく、適度な緊張感を持つことが面接でベストパフォーマンスできる状態であると言えるでしょう。

2.面接で緊張をする原因

過度な緊張を避けるための対策を紹介する前に、まずは面接で緊張をする原因は何かをここで紹介します。 ### 人前で話すことが苦手 人見知りなどが原因で、人前で話すことや初対面の人と話すことが苦手がゆえに緊張してしまうと言えます。短期間で改善することは難しいと言えますが、模擬面接などの実践的な面接で場数を踏むことで**「慣れる」**努力をすることが必要です。 ### ネガティブに考えてしまう 「緊張=悪印象」「失敗したら人生が、、、」など、ネガティブに考えてしまうことも緊張をしてしまう要因であると言えます。悪い方向に考えるのではなく、何事もポジティブに考えることで不安が取り除かれ、過度な緊張をなくすことができるでしょう。 ### 自分をアピールしようと力が入りすぎる 自分をアピールすることは大切ですが、好印象を残したいと思うが故に、完璧でなくてはいけない(失敗してはいけない)と思い込んでしまうことが緊張の原因になるかもしれません。多少のミスは気にせず、**自分の言葉で自分をアピールする**ことが大切です。 ### 準備・練習不足 面接に向けての準備や練習が不十分な状態であると、緊張を感じてしまいます。ぶっつけ本番で臨んでも上手くはいかないため、準備や練習を入念に繰り返し行い、不安を払拭した万全の状態で面接を受けれるようにしましょう。 会員登録はこちら

3.緊張しないために必要なこと

次に、面接で過度な緊張をしないために必要なことを詳しく解説します。 ### 反復練習をする 面接に向けて繰り返し練習をすれば、面接本番で不安に陥ることがなく、適度な緊張感を持って面接に臨むことができるはずです。面接で聞かれやすい質問に対する回答、表情や言葉遣いなどをひたすら練習しましょう。 関連記事:[【就活生必見】面接でよく聞かれる質問10パターンと回答ポイントを徹底解説](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/1044) ### 模擬面接で場数を踏む 実践的な面接を何度もこなすことで、面接の雰囲気や一連の流れを掴むことができ、本番で雰囲気に飲まれる心配がなくなります。また、**就活のプロからフィードバックをその場で貰える**場合もあるため、改善すべき点が明確になるでしょう。 ※チアキャリアでは、面接のプロによるフィードバックが貰える「[面接練習&対策](https://cheercareer.jp/event/detail/300)」を行っています。オンラインから参加できますので、少しでも不安を感じている就活生は参加してみてください。 1対1で安心!面接練習&対策 ### ゆっくりはっきりと話す 面接本番では、緊張によって早口になってしまったり、ボソボソと自信なさげな口調になってしまう可能性があります。そのため、ゆっくりはっきりと話す意識を心掛けることで、過度な緊張に陥ることなく、自信を持って話すことができるはずです。 ### 明るい表情を作る 緊張してしまうと表情が硬くなってしまい、面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。そのため、笑顔とまではいかなくとも、口角をあげて明るい表情を作れるようにすることで、緊張を和らげると同時に、**面接官に良い印象を与える**ことができるでしょう。

4.面接当日に緊張をほぐす方法

準備をしっかりしたつもりでも、実際に面接当日になると緊張してしまうことがあると思います。ここでは、面接当日に緊張をほぐす方法を紹介します。 ### 緊張していることを自覚する 緊張するのは当然のことであり、いかに適度な緊張感で面接に臨めるかが重要になります。そのため、緊張していることを素直に受け入れ、自分がいままでやってきたことを信じ、表情や礼儀を怠らないように気を引き締めて臨みましょう。 ### 時間に余裕を持って行動する 時間に余裕がないことで焦りや不安を感じてしまい、過度な緊張へと繋がってしまいます。そのため、予めしっかりと計画を立てておき、時間に余裕を持って行動することを意識しましょう。 ### 深く考えすぎない 「この面接で自分の人生が決まってしまう」と深く捉えるのではなく、「縁があれば内定が貰える」と捉えることで気持ちが楽になるはずです。結果はなるようにしかならないため、**自分の力を出し切ること=目の前のことだけに集中**しましょう。 ### 緊張していることを正直に伝える 緊張によって頭が真っ白になってしまい、質問内容が理解できなかったり言葉が詰まってしまう可能性があります。その場合は, 無言になって考え込むのではなく、「少し考える時間をください」や「○○という解釈で問題なかったでしょうか」のように、素直に伝えることと良いでしょう。

5.まとめ

ここまで、面接での「緊張」の在り方や向き合い方について紹介しました。 面接本番で過度な緊張をしないためには、準備や練習が必要不可欠であるため、**積極的にセミナーや練習会、OB・OG訪問などを上手く使って面接対策を行いましょう。** チアキャリアでは、フィードバック付きの「[面接練習&対策](https://cheercareer.jp/event/detail/300)」を行っています。 1対1の実践形式であり、おおいに本番で活かせることができるため、会員登録をしてぜひ参加してみてください。
\企業が就活生に求める要素を診断できる!/
チアキャリア就活適性検査


適性検査
就活の初めにおすすめなのが、チアキャリアの就活適性検査です。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の特性や能力を診断してくれます。 診断テストの質問は、企業が就活生に求める要素をもとに構成されています。「社会人基礎力」と「活躍ポテンシャル」の2軸で測定されるので、志望動機につなげることも可能です。 自己分析の代わりになるので是非利用してみて下さいね◎ 質問に答えるだけで自分に合った企業とマッチングできるので、ぜひ活用してみてくださいね。
>>適性診断を受ける<<
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
年間で10万人が利用する就職サイトチアキャリアを運営する株式会社Cheer代表取締役。
新卒で入社した会社を3ヶ月目の22歳で役員に。1年目で営業成績1位、全社MVP。営業・マーケや開発・広報・人事管轄の取締役として従事したのち独立。
第一回日本中小企業大賞三冠・三年連続受賞したのち殿堂入りし、審査員就任。
東京都の【多様な主体によるスタートアップ支援展開事業】分科会審査員を2期連続担当。
意思決定層のジェンダーギャップに取り組む「スポンサーシップ・コミュニティ」発起人を務める。


平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする