株式会社ライフデザイン・フローラ
フォロー

この投稿をシェアする:

当社の企業理念 一人でも多くの人が、その人らしく、について 

当社の企業理念 一人でも多くの人が、その人らしく、について 

皆さん、こんにちは。ライフデザイン・フローラの代表の前田です。
今回は当社の企業理念である、一人でもその人がその人らしく、 ついて説明したいと思います。

この企業理念は、当社のお客様、社員、取引様が、自分らしく生きて、 幸せになって欲しいという意味ですが、 今回は特に、働く社員からの理念として、説明したいと思います。 

自分が共同体に役立っているという自覚があるか否かが、全ての人間の幸福度である、 と言い切ったアドラーという心理学者がいます。 アドラー心理学は、「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社出版)という書籍で話題になりました。ご関心があれば、ぜひ読んでみてください。
このアドラー心理学を説明した「嫌われる勇気」では、人間は、自分が共同体に貢献していることを実感できないと本当の意味では、 自己肯定ができずに不幸になる、と述べています。 

当社フローラでは、早くから、この様なことを意識して事業を行ってきました。
働く人が、 自分が貢献している実感を持ちやすい共同体であり、 仕事内容でもあることが、当社の最大の強みだと思います。 
もちろん、どの会社も、どの仕事も、人間社会という大きな共同体のためにあるので、 
自分が貢献していることを感じる場面はあるでしょう。 

しかし、組織が大きかったり、競争が激しかったり、事業の性質によっては、 自分が貢献していることを感じるのが、難しい場合もあります。 
特に若い人が、組織で働く場合に、このジレンマを感じる時が多いと思います。 
フローラの強みとしては、働く一人一人が共同体に貢献している意識が、生まれやすく、 結果的に自分の幸福度を上げやすい、企業文化と企業理念があります。 

その様な意味では、当社の考え方は最先端とも言えると思います。
企業は経済的な利益を求めるので、企業自体がエゴになったり、 人間関係における社員同士のエゴの戦いが絶えないですが、当社は、 利潤を追求しながらも、社員の幸せの実現を考えています。 
また、業界としても、日本の介護業界は世界の著名人から注目をされているの通り、 人間学としても社会学としても、そして最近ではテクノロジーの導入という意味 (これは、まだコアではないと考えていますが)でも、最先端であると言えでしょう。

最新の技術を駆使することだけが最先端でありません。 人生や生活の意味、社会や自分の存在価値を、新しく考え直すことも最先端です。 
当社の社内の幹部会議などでも、考え方に触れる場面が結構あったりしますが、 今後は、その様な議論も、さらに活性化したいと考えています。
 
私自身も若い時に、自分が大きな組織にいて、自分の存在を感じることができないこともありました。 
その様な時、一生懸命、業績を上げて自分の存在を見せつける様な生き方・働き方をしたことがあります。 
その結果、業績的にはトップをあげることもありましたが、 自分の存在価値を上げるためだけに仕事をしていたので、本当の意味では幸福ではなかったと思います。 

フローラでは、その様なことに社員が陥らないための企業文化や理念を持ち、 一人一人が、社会貢献の実感を得ることで、本当の生きがいとやりがいを感じて欲しいと思います。 

これは、単に会社が優しくマネジメントすることでもなければ、単に仲良く仕事をするということではなく、 自分が足りない事を自覚し、切磋琢磨する厳しさの観点も持ちながら、自分が貢献している実感を自ら高めて、 自分自身が幸せになってもらいたいということです。 

フローラでは、そのための企業文化があることはお約束します。 しかし最終的に、そこで、自分が幸せになるかどうかは自分自身です。 

この環境を生かして、自己責任で、自分自身が成長し、自分自身で幸せになってください。 その幸せになるための可能性を少しでも大きくしていくのが会社の挑戦でもあり、 あなた自身の挑戦でもあります。








説明会情報をみる

株式会社ライフデザイン・フローラ