【社員インタビュー】家族ができたからこそ、自分には仕事の意義も増えたよって話

2022.11.01

【社員インタビュー】家族ができたからこそ、自分には仕事の意義も増えたよって話

自己紹介美容師→アパレル→バーテン→エンジニア→マーケティング&ディレクターと、職業ジプシーしてます川越です。今は開発や制作のディレクションだったりをメインにやっています、所謂なんでも屋の夢見る41さいです☆〜(ゝ。∂)
2021年秋に40歳で第一子(男の子)を出産、産休〜育休を経て、2022年5月に復職しました。
時差出社&リモートワークを武器に、いきなりフルタイム勤務にチャレンジ中です!
そこで感じた・思ったあれこれを綴ろうかと思いますので、よかったらお付き合いください。
趣味は酒にタバコに音楽…「でした」10代から30代後半まで、とにかく仕事してはあそび、あそび、あそんであそびまくっていました笑
給料が入ればボトルを入れにいき、友人と朝まで飲み、床で寝て背中が痛くて目が覚めて、二日酔いでそのまま仕事にいく…
それが日常でしたし、自分の時間をとにかく好き勝手に自由に使っていました。
 
それが今では「でした」になってしまいました。
なぜなら、母になったからです。


息子の誕生までの道のり
2021年6月に切迫早産と診断、入院を余儀なくされ、仕事も休業しなければならない状況に陥りましたが、家族と同じくらい励ましてくれたのがiYellのみんなでした。
きっと誰もが、体調不良で仕事したくてもできない、という状況は経験があると思います。
そうした時、なぜだか思うのは「申し訳ない」という気持ち。
でも、自分が逆の立場になった時に思うのは「ゆっくり休んで」という労りの気持ち。
なんでこうも真逆の感情が生まれてしまうのだろうか?
それは、相手を思いやる気持ちがお互いにあるからこその感情なのではないかな、と思います。
だから、自分は思いっきりその気持ちに甘えることにしました。
自分だったら相手にそうしてほしいから。
「助けて」
と、声に出すことの大事さ。
そして、そんな気持ちをがっちり受け取ってくれる人が集まっているのがiYellです。
産休〜育休を終えて



文字制限があり、全て書ききれなかったので、続きはiYellのブログ
「iYellook」へ!iYellが気になった方は説明会へ GO!
https://cheercareer.jp/company/seminar/3825

面白いと思ったらシェアしてね☆

投稿一覧
12345