過去5年間の離職率2%!カルチャーマッチ採用が社員を幸せにする~従業員200名突破で離職率2%、組織

2022.07.26

過去5年間の離職率2%!カルチャーマッチ採用が社員を幸せにする~従業員200名突破で離職率2%、組織

「定年まで同じ会社で働きたい」そう考える人はずいぶん減ったと思います。たとえ一時期でも、せっかく働くなら「働きやすい会社」の方がいいですよね。
では、働きやすさを客観的に測る方法はあるのでしょうか?働きやすさを表す指標のひとつが、離職率だと思います。


こんにちは。住宅ローンテックベンチャーiYellの伊東です。僕はiYellでCHRO(最高人事責任者)を務めています。
2016年に創業したiYellは、2022年3月現在、200人ほどの社員が働いているのですが、実はありがたいことに離職率がとても低いのです。
その率、なんと2%!!!
これはこれまでの累計数字です。創業後従業員数100人までは1人も退職者が出ませんでした。
2%という数字がどれくらいのものなのか、想像できない人も多いですよね。厚生労働省の公表しているデータによると、フルタイムで働く社員の離職率は15%前後で推移していることがわかります。
公表データは従業員の規模や社員年数ごとに算出したものではないので、一概に比較はできません。必ずしも離職率の低い会社=いい職場というわけでもないでしょう。
それでも、僕はこの数字をiYellに入社した社員の会社に対する満足度の高さだととらえています。
iYellは中途採用も積極的にしているのですが、その多くは社員の紹介によるリファラル採用です。
彼ら・彼女たちは、入社前からなんらかの形でiYellとつながりがあった方も多く、「会社に行くといつもみんなが笑顔で挨拶してくれた」「ミーティングが和気あいあいとしていて楽しそう」など、iYellの素顔を見て入社を決めるメンバーも少なくありません。
2%という離職率は、iYellで働く社員の「働きやすさと働きがい」の一部を表すものだと考えています。
ここからは離職率が低い理由を通じて、iYellの社風や文化をお伝えできればと思います。
iYellの採用で徹底的にこだわっているのは、「iYellで働くことが、その人の人生の幸せにつながるか」これがすべてです。能力やスキルは見ていません。




文字制限があり、全て書ききれなかったので、続きはiYellのブログ「iYellook」へ!iYellが気になった方は説明会へ GO!!
https://cheercareer.jp/company/seminar/3825

面白いと思ったらシェアしてね☆



投稿一覧
12345