ベンチャー企業にベストマッチ!採用を成功させるために企業が活用しているサービスをご紹介

採用市場・動向 2022.11.02

ベンチャー企業にベストマッチ!採用を成功させるために企業が活用しているサービスをご紹介

ベンチャー企業を求めている学生はどんな学生が多いのでしょう。 多くの学生は安定志向・大手企業志向が強い学生が一般化しており、 こと新卒採用に関しては苦戦している企業が多いと思っております。 ベンチャー志向学生の魅力、そしてベンチャー志向の学生と出会える新卒採用サービスをご紹介します。 将来の幹部候補や会社の未来を携える採用手法のひとつとして、 出会える人材のイメージや採用方法のノウハウなど掴んでいただければと思います。 ## ベンチャー志向・志向性の高い学生を採用するには ### ベンチャー企業にマッチする、志望する人材とは? 今回のベンチャー志向・志向性の高い学生の対象として就職活動において学生の安定志向が高まる中、 自分の意見を持ち、成長意欲に溢れた学生を 今回はベンチャー志向・志向性の高い学生とさせていただきます。 ではそんな学生をより具体的に分解していきましょう! ### ベンチャー企業にマッチする要素1|強い成長志向がある 与えられた仕事をこなすだけでなく、 自ら考え仕事を取りに行くような積極性も兼ね備えているケースがあり **「自立しており、即戦力となる可能性が高い」**という面で非常に魅力的な人材が多いとされています! ### ベンチャー企業にマッチする要素2|すでに課外活動・大学生かつで意欲的に物事に取り組んでいる 悩やんだり、考えたりするだけで実行に移せないという学生が多い中で、 しっかりと課外活動や大学生などで行動にまで移す力を持っているケースがあります。 例えば * **大学で部活動に積極的に励んでいる** * **大学での文化祭でのリーダー経験がある** * **課外活動でインターンなどに参加していた** などが挙げられれます。 もちろんリーダー経験がある=ベンチャー志向学生 というわけではありません。 ただ学生時代の経験を生かして実際の仕事に生かす学生も一部いることも事実ではあり、自社の採用要項として スキルを求める場合であればそこを重点的に見るのも一つの手です。 ### ベンチャー企業にマッチする要素3|好奇心がある 2つ目の要素にも少し紐づいてくるところではありますが ベンチャー志向の学生の中には、新しいものに対するアンテナや好奇心がある人材が多いです。 「普通の人生を歩みたくない」 「将来は独立したい!」 「どこでも通用するような人材になりたい」 などが挙げられます。 好奇心旺盛な学生は「吸収意欲がある」という点で、上司としては、ぜひ部下に持ちたい人材かもしれません。 ## 24卒学生の意識調査をもとに採用の状況を解説! ### 学生の企業選びの志向の変化 おすすめ企業紹介 (引用元:https://career-research.mynavi.jp/reserch/20220426_27155/) 大手企業志向は48.5%で前年比2.6pt減となり、21年卒調査で過去最高値となってから2年連続で減少する結果となりました。 対する「中堅・中小志向」は前年比2.9pt増の47.8%となり飛躍的に挙げっている結果となっております。 多くの学生はその会社でやりがいのある仕事ができることを重要視し それが実現できるのであれば大手企業であることにこだわらないという傾向が増えていることが伺えます。 2020年以降新型コロナウイルスの影響もあり、 なにをもって安定とするかという軸が揺らぎつつあるため、 「大手企業のみを志望する」と回答する学生は少数派になってきている ベンチャー志向学生の魅力は前述の通り多々ありますが、 そもそも出会うこと自体が難しいので、採用活動をおこなう際には、 採用方法の再検討・イベント内容の工夫などの工夫が必要になってきています。 ### 24卒学生の意識調査の結果 インターンシップなどの参加状況など対面参加が前年より大幅増(37.8%→71.2%) 就活に関する情報の入手方法 **「就職情報サイト」が最多(95.9%)** **「各企業のホームページ(採用サイト)」(73.1%)** など依然として就活情報サイトからの情報入手の母数があるなど 就活情報サイトの重要度は依然として学生の中では高い状態となっている ## チアキャリアに登録する学生の意識調査 ### チアキャリアの24卒学生の意識調査の結果 画像名前 トピックとしては * **6月解禁直善ですでに63.92%** * **リアルで現場の声を聞きたい学生の割合が多い** など前述したベンチャー志向学生のように 就職活動におけるスピード感が**成長志向**や**意欲性**にあわられる結果となりました。 採用市場の中では「通年化・早期化」と言われたり アフターコロナ禍による「リモート」での選考が一般化するなどの変化も併せて 獲れる内容となっております。 詳しくはこちらをチェック ダウンロードはこちら ### 安定や給料よりも"やりがい"を重視する学生が多数 #### 出世意欲に関するデータ 志向の質 多くの学生が「楽しく働く」を重視する時代の中、全体の86%もの学生が出世意欲を高く持った状態で積極的に就活を行っています。 #### 給与・福利厚生を重視する 画像名前 「やりがい」や「自己成長」を重視する学生が多く、給与・福利厚生を重要視する学生が大手メディアに比べ圧倒的に少ないです。 詳細はこちら 多くの学生が「楽しく働く」を重視する時代の中、 全体の86%もの学生が出世意欲を高く持った状態で積極的に就活を行っています。 ## ベンチャー志向の学生を採用できるのはチアキャリア ### チアキャリアにベンチャー志向の学生が集まる要因 "「ベンチャー企業+新卒」「ベンチャー+就職」など、 ベンチャー企業に就職したいと考えている学生が 検索するキーワードで軒並み、上位表示されています。 Google検索候補キーワード(Googleサジェスト)のほとんどで、 自然検索またはリスティング広告で上位表示されていることで、 ターゲットの学生を毎月多数獲得(会員登録)できています。 ### 掲載企業の多くベンチャー・成長企業様が掲載中 実際に多くのベンチャー企業が チアキャリアを通して採用成功をしています! 実際に採用成功された企業は**掲載企業の声**として CheerCareer内にて公開中です! 今回はそんな企業様も一部紹介しています。 ?株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング 画像名前 ?株式会社Human Investment 画像名前 などなど多数のベンチャー・中小企業のみなさまをご支援中です。 無料で問い合わせもできますので、気軽にご連絡ください! 詳細はこちら
この記事を書いた人
藤田 一慶
22卒入社
Cheercareer事業部所属
趣味は旅をすること
海外は15カ国、国内はほぼ全ての都道府県に訪れた経験あり。
2021年10月〜 株式会社Cheerにジョイン
藤田 一慶のTwitterアカウント
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする