シングルタスクを”極める”ことこそ至高

ビジネススキル 2020.05.03

シングルタスクを”極める”ことこそ至高

こんにちは、∠macchaです。 コロナウイルスの影響は本当に大きいもので、 僕もかれこれ1ヶ月ほど在宅勤務が続いていますね。 そんな中でふと気づいたのが、 在宅だと**集中して仕事に向き合えるな**ということ。 確かに気づけばそうなんですよ。 - まわりに話しかけられることはない - 社外からの電話もかかってこない - 自分の作り込んだ趣味のデスク環境で仕事できる(個人差)
そこで思ったわけです。 **もっと効率的に仕事をこなす方法はないか** そしてたどり着いた面白い情報を、 今回は共有していこうと思って記事にしています。 ## シングルタスクを”極める”ことこそ至高 いきなりシングルタスクとか言ってもピンとこないですよね。 なんなら**マルチタスクができる方が効率的だ**という考え方もあるはず。 確かにマルチタスクの能力って大事ですが、 今回は時間で言うともっと小さな単位のお話で、 **その瞬間瞬間はシングルタスクを極める方が生産性は高い**んです。 ## マルチタスクは”非”効率的という事実 マルチタスクができる人って、 なんかイメージで**仕事できそう**ってないですか? 僕もありました。 MTG中にメール確認を並行してしたり、 議論を聞きながら調べものをしていたり。 これって一見すると効率的なんですが、 脳科学的には”非効率”らしいです。 ### 脳の生産性を最大40%下げる ### 徹夜したときやマリファナを吸ったときと同じIQの低下が出る ハーバード大学の研究論文によると、 生産性の**高い**人は1日にタスクを切り替える回数が50回未満に対して、 生産性の**低い**人は1日に**500回以上**もタスクを切り替えているんだとか。 考えるとその通りで、 タスク(脳が考えていること)を切り替えるたびに、 #### 頭の中を一旦リセット #### 次のタスクに関連する情報を記憶から引き出す となかなか負荷の高い処理を1日に何度もしているんですから、 生産性が下がるのも納得がいきます。 ## マルチタスクがクセになっている人へ【簡単な解決策】 #### 今のタスクと関係ないメールが届いたり #### 新しいアイデアが思いついたり #### チャットでメンバーから質問が来てたり #### 気づいたら仕事中にTwitterを見てしまっていたり #### BGMとして音楽を聴いていたらノッてしまっていたり #### なんか窓の外を見たら雲を追いかけてしまったり  ~~(後半はなんか違いますね)~~ こういうことはよくあると思います。 よくあるんです。**(自己暗示)** その場合に効果的なのは、 その気になった思考を**頭の外に逃すこと**。 ### parking lot思考というものがあります 意味は「駐車場」です。 思いついたことややらないといけないことを、 「一旦、駐車場に止めとこ」って手法。 なんか**路上駐車感**ありますね。 やり方は簡単で、 **駐車しときたいことをメモにアウトプットするだけ** 「〇〇社へメール返信」 「▲へチャット変えす」 「資料印刷10部」 と思い出すきっかけとして、 一言の簡単なメモでアウトプットしていくイメージ。 重要なのは**頭の外に出すこと**です。 頭の中で覚えておこうとする人多いと思いますが、 人間って**頭の中にあるとやりたくなっちゃう**らしいですよ。 常に頭の中で覚えておこうとすると確かに気になりますよね。 だからそれを**アウトプットすることで上手く消化してあげる。** #### メモ帳とペンでやってもOK #### アレクサちゃんに覚えさせてもOK #### PCのメモ帳とかに書き溜めてもOK 最近だとiPhoneとApple Watchを使って、 声でメモを書きためる方法なんてのも調べたら出てきました。 僕はこれ専用に[Google keep](https://ferret-plus.com/6092)というサービスを使っています。 PCでもスマホでも使えて自動同期が爆速なのでおすすめ。 ぜひシングルタスクを極めてみてください。
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする