株式会社リーディング・エッジ社
+ フォロー
紅林とドラえもん

2021.06.03

紅林とドラえもん

みなさん、こんにちは!
リーディング・エッジ社の菅野です。

タイトルを見て、
人事担当の紅林と菅野の話かな?と思ったそこのあなた、
違いますよ~、違いますよ~、違いますよ~

写真にある通り、ほんとにドラえもんです!

たまたまお昼に紅林と会社近くを歩いていたら見つけたんです、
ドラえもん。

ちゃんとお店の人の許可をとって、パシャリです。

このドラえもん、なんか違和感あるな~と思ってみたら、
ドラえもんの身体が異常にスマートなんですよね。

私が知っているドラえもんじゃない・・。

でも面白い発見!

普段何気なく通っている道でも、
1本道を変えるだけで、こんなネタを見つけられるっていいですね。
気持ち的にポジティブになれます。

そこで気が付いた、
「違った道を選ぶ効果」について、
共有させて頂ければと思います。



■「英語での良い言葉 まとめ」
というようなサイトに、
こんな言葉が紹介されていました。

それは、

『Chosen a different path』

というもの。

直訳すると、「違った道を選ぶ」の意です。

少し深堀をして解釈すると、

”いつもの歩き慣れた道じゃなく、
敢えていつもと違った道を進むことで、
違った発見、気付きがある”

ということだそう。

平たく言えば、
「決まりきったルーティンを壊していこうぜ」

とでも言うようなイメージでしょうか。

いつもと違う道をいくと、
頭がいつもより刺激されて、発見がある。

これはあながち間違いじゃないんだな、

そんなことをドラえもんを見て感じました。

実際、脳科学的にも、

”脳はいつもと同じ道を通るときは、特に刺激を感じず休息しているが、
違う道、違う場所に行ったときは、脳の働きが活性化される”

という現象が起こるそうです。

すなわち、いつもと違った道を通ってみると、
いつものルーティンが、ちょっとだけ刺激的に感じられたり、
アイデアが沸く感覚を覚えたり、

という思わぬ効果があるそうです。

みなさんも、『choose a different path』
(=違った道をいく)

を日常に取り入れてみると、
脳が活性化され、今まで見えていなかった風景が見えたりと、
面白い発見があるかもしれませんね。


注:写真が横なのは気になさらず。


ルーティンを疑うことを日々意識し、進化を遂げる
リーディング・エッジ社はこちら
⇒https://cheercareer.jp/company/offer/4062/3812

投稿一覧
12345