株式会社 BRIXIT
フォロー

この投稿をシェアする:

新卒でなんとなく入った会社で挫折した話

新卒でなんとなく入った会社で挫折した話

こんにちは。
石原です。

BRIXITの紹介というよりも
新卒の皆さんに何か役立つことだったり
これから社会に出て参考になりそうなことを
書いてみよう!と決めてから投稿頻度が
上がっている次第ですが
こんなやつもいるんだな。
くらいのつもりで見ていただければ幸いです。


【大学で勉強してきた知識は生かせなかった。】

以前の記事で僕は新卒で大手ハウスメーカーに入社したお話をさせていただきました。
https://cheercareer.jp/company/message_detail/3983/79262

正直、内定をもらいなんとなく入社した会社であるものの
インターンや大学の研究である程度の専門知識を持った上で
入社していたのでそれなりに自信がありました。
ですが、専門分野で勉強してきたから少しくらいは役に立つでしょ。と
思っていた僕が甘かった。
これといっていいほど、使えるような知識はなく
先輩に怒られながら、遅くまで会社に残り勉強する日々でした。

【その後転職】

0からスタートしたハウスメーカーでの営業も先輩のOJTなどの
甲斐もあって2年目以降は一人である程度はできるようになりましたが
このままなんとなく入った会社で一生仕事をするのは違う。と思い
2年目の後半から転職活動を行いました。

その後転職した先はPR会社。
ハウスメーカーとは違うまったくの異業種です。
PR会社とは言えど、職種は営業なのですが
新規の100%新規のクライアントを開拓するチームに配属されました。
そこでは、月に40件(ノルマ)テレアポでクライアントを開拓し
訪問、交渉、契約までを一人で行います。

このご時世で自転車操業な営業スタイルで
なんといっても40件アポイントが取れたとしても
そこから契約につながらない。
そんな日々が3ヶ月続きました。

3ヶ月が新人としての準備期間だったのですが契約は0件。
僕は営業として、どん底に立たされていていました。

転職先でも、なんとなく新卒で入った会社でも
何も通用せず、自分の仕事に対する意識の薄さを
その時にやっと実感できたのかもしれません。

ここまでが、新卒でなんとなく入った会社、転職した会社
で働いた私の挫折です。

もう少しで条件の1000文字を超えそうなので
次回の記事で挫折を経験した私がどのような行動を
起こしたのか、お話できればと思います。

石原
取締役
大手ハウスメーカーの営業、PRベンチャー企業を経験後、BRIXI…詳細を見る
大手ハウスメーカーの営業、PRベンチャー企業を経験後、
BRIXITに初期メンバーとして参画。
群馬県出身。4歳と1歳の娘の父。
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社 BRIXIT