株式会社Wiz
フォロー

この投稿をシェアする:

人を軸にした就活ってどうすればいいの?

人を軸にした就活ってどうすればいいの?

2月も半分が過ぎ、勝負の3月に近づきつつありますね。
忙しい毎日かとは思いますが、疲れた時にはしっかりと休んで
体調には気を付けていきましょう!

それでは今回、以下の質問にお答えしたいと思います!

Q. 人を軸にした就活ってどうすればいいの?

「インターンで出会った社員さんに惹かれた」
「説明会で出会った人事さんに魅力を感じた」

こういった理由で、企業の選考・インターンを受けることってありますよね。
しかし、出会った人が必ず上司になるとは限りません。
ある特定の人に惹かれたとしても、
その人自身を就活の軸にしてしまうのは危険です。
では、人を軸にした就活はどのように進めて行けばよいのでしょうか?


気になる答えは...

A.理念の浸透度から人の属性を見極める

です。
選考で出会った魅力的な社員と全く同じ社員は存在しません。
だからこそ、企業の社員に共通する「属性」に目を向ける必要があります。
そしてこの属性は、企業で求められる共通の価値観(理念)を知ることができます!

この手法を用いる上で重要なのは理念の浸透度です。
理念の浸透度が高ければ高いほど、その企業の社員は理念に通じる属性を持っていると言えます。
例えば、「顧客の本質的な価値追求」が企業理念だとして、その浸透度が高いとアピールしていたとしましょう。すると、その企業に集まる人の属性は「利他的」と言えるでしょう。

この場合、
理念浸透度を知るために、面接の逆質問・社員座談会・面談等で
以下二点を意識した質問をするといいですよ!!

①現在理念は浸透していますか?それはどういったところでしょうか?
②理念を浸透させるためのどのような取り組みをされましたか?どのような成果を出されましたか?

①のポイントは、「なぜ」の部分です。理念が浸透していると答えることは簡単ですが、その理由を深堀りしていくことによって実態が掴めます。

②のポイントは、「成果」です。成果が希薄では効果的な取り組みとは言えないので、しっかりと成果を確認します!

このように一例を示しましたが、
まとめると...
人を軸にする就活をするには、その方の特徴を見つけ出し、会社全体で再現性があるかを逆質問や座談会で確かめることが重要だといえます!

面接や座談会に参加するときは、ぜひこの2点を意識してみてください!
https://cheercareer.jp/company/seminar_detail/2805/89729

田中 俊輝
学生人事部(インターン)

説明会情報をみる

株式会社Wiz