株式会社Wiz
フォロー

この投稿をシェアする:

知らないと損する?!オンライン面接で好印象を持ってもらえる基本的な3つの活用術

知らないと損する?!オンライン面接で好印象を持ってもらえる基本的な3つの活用術

みなさん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
ZoomやMeetでオンライン面接やオンライン会議をする企業が、今年になって劇的に増えていることは、皆さんもご存知ですよね!大学の授業もそうですが、特にビジネスにおいても最近大活躍しているツールです。

そして、就職活動の面接でも「オンライン面接」で対応している企業は少なくないはず。大半の就活生は「面接」と聞くと、どうしても話す内容のことばかりに目がいきがちですが、実はオンライン面接で押さえておくべき基本的な活用術があることをご存知でしたか?

今回は外見やぱっと見の印象に内容を特化して説明していきます。

1.光を有効活用して顔を明るく見せよう
オンラインだと画面や顔の明るさが特に目立ちます。勘違いしやすいミスとして、「部屋の照明をつけているから大丈夫」と思ってしまう人が多いです。できれば人工的な光よりも太陽光の方がより自然な明るさです。机の位置を変えたり、照明の位置を変えるなどして、ぱっと見の印象を改善していきましょう。

2. カメラの位置を調整しよう
明るさは改善できても顔の写り方に注目すると、見下ろしているように見えてしまうことがあります。オンラインでも対面の時と同じように目線を揃えることを意識しましょう。

3. Zoomの機能を活用しよう
「1と2はすでに知ってたよ!」という学生も少なくないはず。では次に、Zoomの機能を活用してさらに写り方を綺麗にしましょう。

①Zoomを開くと左下の「ビデオ設定」を開いてみましょう
②ビデオの設定画面を開きます
③マイビデオの一番下にある「ビデオフィルタを適用する」にチェックします
これは、外見を補正してくれる美肌機能です。他の人に自分の顔が表示されるときにより洗練された外見を写すことができます。

ビデオフィルタは初期設定(デフォルト)はオフになっているようなので、手動で設定してください。難しい設定ではないので、次回からの面接の際にぜひ活用してください!

少しの意識の向け方の違いかもしれませんが、いざ面接をするとなると外見にも少し気を配って臨んだ方が面接官の受け取る印象や評価も変わってくるかもしれません。 今回は外見にのみ特化しましたが、もちろん面接官への受け答えの内容も非常に重要です。気を配れるところは意識した上で、オンライン面接に挑みましょう!

柳下 なつみ
学生人事部(インターン)

説明会情報をみる

株式会社Wiz