CheerCareer 掲載企業様の声

業界
ソフトウェア・情報処理、ファッション・美容、サービス
社員数
50名以下
採用職種
開発系、総合職
採用実績
2022年度 新卒2名 インターン1名
2021年度 新卒3名
採用課題
採用のノウハウが学べた、早期・後期に採用ができた、優秀・即戦力になる人材が採れた
質の良い学生にコスパよく接触できる
採用チームの努力が反映される

CheerCareerを使用した感想

質の良い学生に、かなりコストパフォーマンスよく接触できる点がやはり我々のような中小規模のベンチャーからするとありがたいと感じております。

自分は今年から採用担当になったため、知らないことも多いのですが、充実したカスタマーサポートがあり問題なく採用活動を回すことができたと感じております。

全体的に、スカウトやタイムライン、掲載順序、採用チームの努力が反映されるような仕組みが導入されている点は、媒体としての文化が育まれている要因だと思われます。おかげさまで、熱量を持って学生も企業も媒体を利用できます。

これからもCheerCareerをメインの媒体の一つとして利用させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

CheerCareerでどのような人物が採用できたか

地頭が良いエンジニアの方と、コミュニケーション面が優れたディレクターの方を採用することができました。二人ともタイプは違うのですが、dual&Co.としても同じようなタイプに偏らずに採用していきたいという方針があったため、非常に助かりました。意外と多様性があると言いますか、「ベンチャー志望」「会社の知名度を気にしない」などの共通点を持ちつつも、似たり寄ったりの人ばかりくるとは全くならない点がCheerCareerの良さだと思います。

採用成功の秘訣

知名度の無さを気にしない学生をターゲットとし、会社の良さを押し出すというところに注力できた点だと思います。1年目から最前線で多種多様な業務に取り組める環境、リモートワークをはじめとする労働環境の良さなど、dual&Co.の良さをしっかり見てくれる学生にアプローチできたのは効率よく良い人材を採用する秘訣だったと思います。

採用で工夫したポイント

採用をアシスタントしてくださる方が、スカウトに対する反応に対して、すぐに返信を送ってくださった点です。これにより、連絡が持続する確率が跳ね上がったと聞いております。
また、会社説明会を曜日で固定したことで、運用をだいぶ効率化できました。学生に合わせるところ、運用しやすいよう学生に合わせてもらうところ、これらのバランスをトライアンドエラーすることを意識しました。