株式会社フルアウト 八巻 明雄

卒業年度東洋大学 2018卒
URLhttps://cheercareer.jp/company/index/3029
SNS
文系,セールス,自己分析

就活の軸

高校時代は名門校でずっと野球をして過ごしていました。

それでも最後の試合のメンバーに選ばれず、悔しい思いをしたことがあります。
その時から「もう負けてたまるか。」という強い気持ちを持つようになり
「いつか実力をつけて見返してやる。」
そんな思いで大学に進学しました。

実はこれが今に至るまでずっと、自分のなかの大きな原動力となっています。

大学に進学したはいいものの、
大学生活は自分の想像を超えて楽しく無かったんですよね。

そこで
「このままじゃダメだ、環境を大きく変えたい!」と考えたのと、
「何かやるからには厳しい環境に身を置いて実力をつけたい!」という気持ちが相まって
1年間休学して、自分が苦手としていた英語を学ぶため海外に語学留学する決意をしました。

この時も周囲からは「お前は英語覚えられずにかえって来るよ。」と茶化されたりもしましたが、
実際に海外で友達を作る経験は本当に楽しくて
結果的には今でも通用するようなスピーキングとヒアリングスキルは手に入れました。

この頃から
『自分の結果次第でどこまでも昇りつめられる結果主義の世界がいい』
『将来は独立する、そのための学べる環境が欲しい』
という思いが芽吹き、社員数が少なく、成果主義が多いベンチャー企業に行きたいと考えるようになりました。

就活スケジュール

・大学3年前期:1年休学して留学。
・大学3年後期:帰国後就活の準備スタート。自己分析などを進める。
・大学3年2月頃:大学の就活セミナー等に参加。この頃、ベンチャー企業に絞り始める。CheerCareerで就活相談会への参加などもする。
・大学3年3月頃:選考を受け始める。
・大学4年6月頃:内定承諾し就活終了。

詳細と意思決定のポイント

ベンチャー企業の選考を受けていく中で
自分の中でもう一つ軸のようなものができました。

『この社長・社員のもとで一緒に働きたいと本気で思えるか』という判断基準です。

ベンチャー企業にエントリーすると
選考のフローの中でほとんどの場合社長と会えます。
なかには説明会の会社説明を社長が登壇して話す会社もありました。

その中で
「この社長の考え方、自分とめちゃくちゃ似ている」
「今後を見据えると、ここに入社したら学べることがたくさんあるに違いない」

というような企業に関しては
事業内容は二の次で、選考に進んでいました。

フルアウトとの出会いは、CheerCareerの就活相談を通してでした。

営業職をやりたい中で上記のような考えが生じた時にご紹介してもらいました。

実際に面接で金田社長と話した際、野球を通して学んだことや起業の経緯に感銘を受け
「この人と一緒に働きたい」と強く感じたのと
営業部隊の立ち上げに携わらせていただけるというお話もあり即決したのを覚えています。

入社後の活躍・その後

今は営業部隊の立ち上げメンバーとして
貴重な局面に携わらせてもらっています。

フルアウトは自主的に手を上げて
意見を出したり行動できる人を求めている文化があると思っています。
それは年齢や経験に関係なく、だと思っています。

その意見が間違っていたとしても頭ごなしに否定する人はいませんし
何より、仕事上分からないことがあっても、頼れる先輩方がたくさんいると思います。

なのでフルアウトに興味がある人も
是非前のめりの姿勢で説明会や選考を受けて欲しいですね!
実際に僕もそうやって今の営業部の立ち上げメンバーになっていますので!

立ち上げということもあり、日々試行錯誤しながら仕事をしているので、もちろん大変ではありますが、やりがいはとても感じています。

今後はいち早く営業部隊を確立させながら、
自主的に動けるメンバーをマネジメントする立場になっていきたいと考えています。

そして組織として大きくするのが目標ですね!

僕個人としての目標はマネジメントを学びつつ、
ゆくゆくは独立したいと考えているので、今の環境には本当に感謝しかありません!

この先輩が就職した企業はこちら