オアシス株式会社
フォロー

この投稿をシェアする:

「さあ、クイズの時間だ」と教授は言った

「さあ、クイズの時間だ」と教授は言った

とある大学での授業だそうです。
教授は大きな壺取り出して教壇にのせました。
さらに、いくつかの大きな岩を取り出して、
ひとつひとつその壺の中に詰めていきました。

壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、学生に問いかけます。
「この壺は満杯だろうか?」
学生は口々に「はい」と答えます。


「そうかな?」と教授は、今度はバケツ一杯の砂利を取り出して、
壺の中に流しこんでいきます。

岩と岩の間を砂利で埋めていきました。


そしてもう一度尋ねます。
「この壺は、満杯だろうか?」

多くの学生は答えられません。
1人の学生が、「おそらく、違うだろう」と答えました。

教授はうなずくと、今度は細かい砂の入ったバケツを取り出し、
またも壺の中に流しこんでいきます。そして、3度目の問い。
「この壺は、満杯だろうか?」

今度は学生が口をそろえて、「違う」と言います。
教授は水差しを取り出して、壺のふちまでなみなみと水を注ぎました。


最後に、学生に問いかけます。
「私が何を言いたいか、わかるだろうか」

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
予定を詰め込むことが可能だということです」と一人の学生が答えます。

教授はそれに対して首を振りました。
「この例が私たちに示してくれることは、先に大きな岩を入れない限り、
 それが入る余地はもう二度とない、という事だ」

「人生にとっての"大きな岩"とはなんだろう。仕事か、志か、愛する人か、夢か。
ここで言う"大きな岩"とは、君たちにとって一番大事なものだ
それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと、それが壺の中に入ることは二度とないのだから。」




と、少し前に流行った話でこういうのがありました。
有名な話ですので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

現在に置き換えると、「もう一つの壺」を持っている人や、
「壺ごと取り替えられる人」も中にはいると思います。
それでも、自分の"大きな岩"を理解しておくことは非常に大事です。

あなたにとっての"大きな岩"は何ですか?ぜひ見つけてください。


壺は取り出さないけど金子が語る説明会はこちら
(白澤さんも登場します!)
【直近の説明会日程】
▼営業職
3/29(月)14:00~

▼webマーケター
3/30(火)15:00~

▼ライター
3/26(金)16:00~

☆★社員インタビュー掲載中★☆
採用サイト:https://recruit.oasiscorp.jp/

金子
人事
タイムラインはゆるゆると。メシとギターとサッカーが好き。毎週金曜…詳細を見る
タイムラインはゆるゆると。メシとギターとサッカーが好き。
毎週金曜日にタイムラインにて近隣ランチのご紹介【かねこめし】を連載中!
※詳しい自己紹介は説明会の冒頭で語ります!
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

オアシス株式会社