株式会社日本プロテック
フォロー

この投稿をシェアする:

情報系学生がプログラミング研修を受ける意味

皆さん、こんにちは!入社1年目の吉野です。
今回は情報系学生の方に向けて、情報系学部卒の私がプログラミング研修を受けて感じたことを伝えていきたいと思います。

情報系学生の皆さんは、恐らくすでにプログラミングに関して学んでいると思います。
すでにJava Silverなんかの資格を持ってるよ、なんて人もいるかもしれません。
そんな皆さんが当社のプログラミング研修を受けて成長することはできるのでしょうか?

結論から言うと、私は研修を通して多くの成長を感じることができました。

私が初めに感じたのは基礎力の向上です。
当社の研修では、まず初めにプログラミングを基本から学ぶことになります。
皆さんにとっては復習のような内容になってしまうかもしれません。
しかし、すでに学習したことがある内容の中にも忘れてしまっていることが必ずなにかあるはずです。
また、実務で使うような応用的な内容を理解するためにはこの基礎力がとても重要になってきます。
プログラミングを基本から学びなおすという行為には皆さんが思っている以上に大きな意味があります。

また、当社の研修では実践的で効率的なプログラミングを学ぶことができます。
研修で扱う開発ツールやフレームワークは当然、実務でも扱います。
それらは、毎回書かなければならないめんどくさいコードや、簡単なWebアプリケーションを一瞬で自動生成することができます。
この技術を学ぶことで皆さんは飛躍的に成長することができるはずです。

これら以外にも紹介したいことは多々ありますが、それらに関しては是非皆さん自身で研修を受けて感じてみてください。
当社の研修は経験者、未経験者問わず必ず成長できるものですよ!

弊社に少しでも興味を持っていただけたら、まずは説明会参加ボタンを押してみてくださいね。
https://cheercareer.jp/company/seminar/3583
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。


説明会情報をみる

株式会社日本プロテック