株式会社マニフェスト
フォロー

この投稿をシェアする:

キャリアステージと会社選びについて

キャリアステージと会社選びについて

こんにちは。

マニフェスト東京支社も20卒学生との会社説明会の予定が埋まってきました。

エントリーしていただいた皆さんありがとうございます。

まだ、会社説明会に参加してない学生さんは是非一度お話しましょう!

私はこれまで多くの学生や新入社員とマニフェストや他社でも関わらせてもらい、その際にいつも感じる事があるので書こうと思います。

それは私の考える『キャリアステージ』についてです。

学生さんとお話する際に最も多いのがマニフェストがどのようなコア業務で飯を食っているのか詳しく知りたいという発言です。

もちろん、会社の事を知ってもらえるのは嬉しいので、丁寧に深くお話させて貰うのですが話しながらある疑問をいつも抱いています。

それは、これを知ってどうなるんだろう?って事です。

世の会社の殆どがそうだと思うんですが、会社は全員が同じ仕事をするわけではありません。当然ビジネスマンにはキャリアステージというものがあります。会社に入社するというのはこれからキャリアを積んでいくスタートという事なので、キャリアアップしたマニフェストでの将来的な働き方を掘り下げても大した意味がないと思うのです。

何故なら、キャリアアップというものには競争があるからです。
また、これはどこの会社もそうだと思いますがキャリアステージが一番低い仕事というのは自分の良さや思考など所謂アイデンティティみたいなものはほぼ発揮出来ない仕事が多いと思います。

分かりやすく言うなら、上司に振られた仕事を捌く仕事が多いという事です。

その所謂皆さんが感じるであろう『つまらない仕事』で会社が求める成果に対しての貢献度で次のキャリアステージへ上がる順番待ちの優遇がされる事が多いはずです。

ですから、私がよく学生さんにお伝えする言葉で『負ける前提で会社を選んだ方が良い』と言うのは順番待ちで必ず一番になれる保証はありませんし、ましてや順番待ちが無いなんてことはほぼどの会社でも無いわけです。

その際に入社前に人事から聞いていたキラキラした会社のイメージに対し、聞いてた話と違うとか、仕事がつまんないとか感じるでしょうし、順番待ちに割り込むために劣悪な労働環境で仕事をするのも肉体的、精神的にすり減るだけです。

冷静に考えれば、顧客も過去の実績もない新入社員に裁量権なと与えるわけがないのです。従業員全員の人生がかかってますから。

現実的にまずは一番下のキャリアステージからビジネスマンとしてスタートするわけですから、会社の外面や事業内容に惑わされずに本当に雇用に対して責任を持ってくれる上司や会社のもとでキャリアをスタートするべきだと思います。

私が上記のように考える理由として、例えばインセンティブによる高い年収が取れる可能性がある業種、会社を希望するのであれば一年目売れて二年目売れなかったらインセンティブ含めた年収に対する税金は払えない事が多いわけですし、大手を志望するのであれば順番待ちの人数は膨大で変わりの人間はいくらでもいるという現実を受け止めて日々仕事をしなければいけない事が多いからです。
しかもここら辺は会社説明会では教えてくれない事が多いですしね。

上記をまとめて一言で言うなら社会人としての生活は上手くいかないことばかりです。

ではどうすればいいのかというと、私としては転職によりキャリアアップや年収アップを図るビジネスマンが多い中、最初の一社目くらいの気持ちで会社選びをすれば良いと思ってます。

所属する会社であなたのビジネスマンとしての市場価値が決まる事ばかりではないからです(そういう業界もあると思いますが)

そこら辺を深く考慮して会社選びをして欲しいと学生さんには思います。

マニフェストで新入社員にお約束するのは、つまらない仕事ですが無理のない仕事です。

つまらない仕事というのは、つまらない会社とイコールではありませんよ。

東京支社の社員比率は社会人三年目のガンガン成長したいメンバーが9割です。

刺激的なメンバーと『つまらない仕事』でキャリアスタートし、ビジネスマンとしての市場価値を高めていきませんか?

私の考える市場価値というのは売上・利益をクライアントや会社から求められる期間内にコミットできるビジネスマンを指しています。その為に必要なスキルや経験をたくさん学べる環境を用意する事をお約束します。

是非、会社説明会へご参加ください!

久しぶりに長文書いて疲れました(笑)


説明会情報をみる

株式会社マニフェスト