株式会社スピードリンクジャパン
フォロー

この投稿をシェアする:

【就活生必見】業界分析ってどこまでやればいいの?

【就活生必見】業界分析ってどこまでやればいいの?

こんにちは、スピードリンクジャパンの桂川です。
今回は「業界分析はどこまでやればいいのか」について書いていこうと思います。
私も業界分析はどこまで突き詰めればいいのか悩んでいました。

私が就活生の時は「自分が会社に貢献できることや熱意、学チカをしっかり伝えられれば平気っしょ!」と思っていた時期がありました笑
そのため、自己分析と企業分析はがんばったのですが、業界分析はサボってしまったんですよね。

実際に面接を通して、業界分析の大切さに気がつきました。

ですので、この経験をみなさんに共有し、みなさんの業界分析に役立ててもらえればうれしいなと思います。

業界分析ってどこまで突き詰めればいいのでしょうか??

自分がその業界で働いているイメージを具体的にでき、そのイメージを人に説明することができれば業界分析は終了しても大丈夫です。

面接では以下のような質問がされる場合があります。

・「あなたは10年後にはどのような社会人になりたいですか」
・「この会社に入ってあなたは何を成し遂げたいですか」
・「どのようなキャリアを積み上げていきたいですか」
etc..

IT企業であれば、「どのようなエンジニアになりたいですか」と聞かれることも多いと思います。
これらの質問をされたときに1個1個答えを用意していたら忘れちゃいますし、うまく喋れませんよね。

その業界で実際に働いている自分をイメージできていれば上記のような質問が急にきても、事前に模範解答を用意していなくても答えることができます。



また、業界分析は面接対策だけでなく、自分のキャリアを選ぶために欠かせない要素になります。

業界分析を中途半端にして、実際にその業界に入ったら自分がやりたい仕事じゃなかったなんてことがあったらとても悲しいですよね?

そうならないためにも、業界分析は実際に自分がその業界で働いているイメージを具体的にでき、そのイメージを人に説明できるようになるまで行ってください。

弊社ではオンラインで説明会を行っています。説明会にご参加いただけると特別選考ルートもご用意しておりますので、気軽にご参加ください!
日時
・12/01(火) 19:00〜20:00
・12/05(土) 13:00〜14:00
詳細、応募はこちらのURLからお願い致します。
https://cheercareer.jp/company/seminar/2626
皆さんのご参加をお待ちしております。




説明会情報をみる

株式会社スピードリンクジャパン