株式会社アーキテクトコア
フォロー

この投稿をシェアする:

「営業はイヤだから技術職になる」を前向きに考える

「営業はイヤだから技術職になる」を前向きに考える

人事採用担当のホンネをお届けします。

こんにちは、人材開発部 部長の和田です。
積極的に情報収集をする熱意あるあなたにお伝えしたい、企業側のちょっとしたホンネ集です。


■Part.11■ 「営業はイヤだから技術職になる」を前向きに考える

営業マインドをもった技術職を目指せることは、就活において大きな武器となる可能性があります。

最近若手社員から、こんな話を聞きました。
本来なら営業で就職すべきかもしれないのだけれど、あまりやりたくないので技術職であるIT企業を選ぶ、という考え方があると。
ドキッとした方、いませんか? ただ、世の中の全ての就活生がとても前向きに、私にはITエンジニアになりたいという確固たる夢があるんです!!とアツくなれているわけではない、とは私も重々承知しています。

それでも、やはりアンマッチを防ぐためにはあなたが何故IT業界でもやっていけると判断できるのか、その材料が欲しいですし判断できなければ採用を見送らざるを得ないことも事実です。

さて、この「営業もできるけれども営業職は嫌だ」という考え方、そこまでネガティブなものでしょうか。
少なくとも、営業をやろうと思えばできる、という自信くらいはあるのではないかなと思っています。
この自信は技術職を選ぶ際に捨ててしまわなければならないことではありません。むしろ、あなたの立派なアピールポイントになるのです。


技術職の世界だって、営業的な考え方はものすごく重要です。趣味でシステム開発を行うわけではないので、お金の交渉もしますし、自分(自社)が有利になるよう契約折衝も行えた方が良いに決まってます。
そして、最も重要なのは人脈です。 あなたがもしとても高度なスキルを身につけたとしても、人脈がなければそれを12分に生かせる場を見つけることができなくなります。

さて、もし「営業ではなく技術を」と考えているのであれば、もっと前向きにアピールをしてみませんか?


------------
定期的に採用のホンネを発信していきます。
これによって少しでもみなさんの就活の悩みを和らげて、企業のよいマッチングに繋がればと思っております。


会社説明会では、このような就活の悩み、IT業界への疑問なども解決できるよう
様々な情報を発信しています。
IT企業への就職を考えている方にはきっと良い気づきを得ていただけると思います。
ご参加、お待ちしております。
https://cheercareer.jp/company/seminar/3788

過去の投稿




前へ 12345

説明会情報をみる

株式会社アーキテクトコア