第2回

第2回CheerCareerAwards 開催

CheerCareerAwardsでは、採用活動において、
魅力的かつ模範的活動をされている企業様を
広く世の中に広めるべく表彰し、
求職者に公式おすすめ企業として推奨させていただいております。
第2回 CheerCareerAwards 開催

掲載企業の声の投稿内容、日々のCheerCareerの運営状況、
イベントの参加の様子などから総合的に判断し、
各賞にふさわしいベストな企業様を選出させていただきました。
Best of CheerCareer(大賞)
募集への高いエントリー数に加え、
スカウト活用でマッチングを強化するなど採用力を高めている点や
ブログ機能「タイムライン」を活用した自社のPR・募集のSNSシェアなど
「CheerCareer」をバランス良く活用し、共感採用を推進している企業様に贈る賞です。
エントリー賞
募集に対するエントリー数が多く、
候補者からの高い人気を集めた
企業様に贈る賞です。
スカウト賞
スカウトメッセージを活用し、
質の高いダイレクトリクルーティングを
行っている企業様に贈る賞です。
タイムライン賞
タイムラインを活用し
自社の採用広報に
成功している企業様に贈る賞です。
長期インターン賞
長期インターンの応募数が多く、
学生のスキルアップに繋がる長期インターンを
展開される企業様に贈る賞です。
地方創生賞
地方で働くキャリアという選択肢を広げ、
候補者からの高い人気を集め、
働く選択肢を広げる企業様に贈る賞です。
大 賞
Best of CheerCareer
株式会社これから
CheerCareerからの受賞理由
「どヘンタイ募集」とキャッチーなフレーズで採用活動をされており、
CheerCareerトップクラスの採用実績(新卒27名採用)を誇る。
採用=マーケティングであるということをまさに体現するように
分析力を活かしたタイムライン運用を行い、
積極採用している期間はPV数ランキング1位を常にキープ。
オンライン化した採用活動の中でも応募者のエンゲージメントを
高める工夫はまさに他の企業の模範となった。
応募数は通常の平均値の3倍以上である、
800人以上を誇り、学生からの人気は絶大。

このように、採用成功するための戦略をしっかりたて、
それに基づく実践、他の企業の模範となる採用活動をしており、
多くの学生に働くワクワクとベンチャー企業への就職という選択肢を増やしている。
採用実績
21卒 27名
22卒 27名
採用実績大学
明治大学
立命館アジア太平洋大学
長野県立大学
名城大学 など
特別対談
企業HP、SNS
https://corekara.co.jp/
企業アカウント
部 門 賞
エントリー賞
株式会社トリニアス
CheerCareerからの受賞理由
早期から採用活動を行うことで
会社のビジョンとマッチする学生にいち早くアプローチ。
1社10求人同時に掲載できるチアキャリアの特徴を活かし、
原稿の訴求についてABテストしながら母集団形成を模索していた。
また学生とのメッセージでリマインドを行うなど手間をかけて丁寧に運用したことで、
会社の想いをしっかりと伝えることに成功。
またタイムラインの毎日更新など採用成功のために多大な努力をしているため、
応募数も530名以上と大人気である。

積極採用時期は説明会を平均月10回以上開催したり、
メンバー登録の活用でメッセージのやり取りを行ったりと
人と人とのつながりを重視した運用を行っている。
採用実績
22卒 6名
採用実績大学
成城大学
東洋大学
京都産業大学 など
企業HP、SNS
https://trinias.co.jp/
企業アカウント
スカウト賞
株式会社
ギブ・アンド・テイク
CheerCareerからの受賞理由
企業理念や社風にマッチし、
会いたいターゲット層の学生に明確にアプローチをかけることで、
スカウト受諾率は38.5%という結果に。
なんと一番効果のあった月は単月でスカウトからの応募率が71.429%。

スカウト応募後の対応でも、応募者一人一人と丁寧に向き合い、
それぞれの考えや人となりを知ろうとする姿勢が
多くの学生からの信頼を得ることに繋がり、上位校の採用実績にも影響するなど、
「人財こそ宝」という思いのもと、優秀なエンジニア志望の学生を採用。

また説明会の時点で社長が登場し、参加者の質問に回答、直々に思いを伝え、
ひとりひとりにあった回数・内容の面接を実施。
このようにホスピタリティ溢れるきめ細やかなフォローを行った結果、
内定承諾者全体で約4割はスカウトからの流入であり、
スカウトを活用した優秀な人材の採用成功を収めている。
採用実績
21卒 10名
22卒 7名
採用実績大学
神戸大学
明治大学
関西大学 など
特別対談
企業HP、SNS
タイムライン賞
株式会社ウィンキューブ
ホールディングス
CheerCareerからの受賞理由
CheerCareer内でも特にインパクトのあるTOPページバナーに
思わず引き込まれた学生は多いはず。

1日5個以上投稿されるなど、高頻度で更新いただいてるタイムラインは、
マーケティング企業ならではの様々なコンテンツの打ち出しで
興味をそそられる内容となっており、
企業のリアルな声を届けているという点で他の企業の模範となる運用をしている。

さらに、内定者もタイムライン運用に携わっており、
内定者視点での会社の魅力を発信するコンテンツは
大変人気を集めていて、
CheerCareer上に掲載したタイムラインをTwitterシェアすることで、
より多くの就活生に企業の魅力が届いている。

実際に1年間のタイムライン総PV数が約4万弱と
他企業の追随を許さないPV数を誇っており、
多くの学生をファン化しているほか、上位校採用の実績にも繋がっている。
採用実績
22卒 16名
短期インターン 703名
採用実績大学
京都大学
九州大学
立教大学
法政大学 など
企業HP、SNS
https://win-cube-holdings.co.jp/
企業アカウント
萩原晃平
長期インターン賞
バレットグループ株式会社
CheerCareerからの受賞理由
CheerCareerの登録学生の特性を理解し、
他の媒体より動き出しの早い学生にいち早く接触。
早期採用を推進しており、
早い時期から安定した動員数(応募数390人以上)を確保。
起業精神をベースにもち、
情報感度が高く変化や刺激に怯まないペルソナにマッチした人材の採用に成功。
このように採用活動において優秀な人材を獲得する為に、
しっかりと戦略を立てていることが採用成功の秘訣。

さらに、市場のコロナ禍による内定辞退率の高まりや、人材育成の課題が浮き彫りになる中、
優秀な学生を採用した後は、内定者インターンを推奨しており、
CheerCareerにおける募集記事の作成から学生とのやり取りまですべてインターンである内定者が担当している。
採用イベントの企画・運営までも内定者が実行しており、
能力の高い学生を更に活躍人材へと育成する環境を整備。
インターンを通して、内定辞退対策の先陣を切るだけでなく、
学生のスキルアップの向上とブランディング両方を叶える採用活動を行っている。
採用実績
21卒 5名
22卒 4名
採用実績大学
九州大学
東京工科大学
北見工業大学 など
特別対談
企業HP、SNS
https://bltinc.co.jp/
企業アカウント
地方創生賞
テンフィールズファクトリー
株式会社
CheerCareerからの受賞理由
京都本社の会社。
通年採用を実施しており、
学生への細やかなフォローを徹底して行うことで
応募数は470名以上と、
地方に拠点を構えながら多くの学生から安心と信頼を積み重ねている。

最終選考までに会社愛が強い社員との接触回数を増やすことを心がけ、
テンフィールズファクトリーへの考えや
働く社員の想いを知ってもらうことで内定辞退率の改善に繋げるなど、
学生に寄り添った採用活動を実施。

面談前や最終選考前には必ず電話をかけて、
たわいもない話をしながら明日の最終確認をするなど、
非常に丁寧かつフレンドリーなやりとりを行い、採用成功につなげている。

CheerCareer上でのやりとりでも、
メンバー機能を活用し、1人の人間として向き合った対応を行っており、
働くということに対して選択肢を広げ
地方から盛り上げる採用活動を率先して行っている。
採用実績
21卒 8名
22卒 3名
採用実績大学
広島大学
龍谷大学
関西外国語大学 など
企業HP、SNS
https://10-ff.com/
企業アカウント
特典バナー