株式会社Cheer 代表取締役 平塚ひかる
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube

株式会社Cheer 代表取締役  ventry株式会社 取締役 。
立教大学在学中に参画しすぐにトップセールス。 入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に。 1年目で営業成績1位、全社MVPを受賞。 取締役としてマーケティングや開発・広報・人事も担当。 支援実績はCheerCareer1。どヘンタイな採用支援。

この度、2020年7月1日を持って新会社・株式会社Cheerを設立することになりました。
私の愛社精神、サービス愛っぷりをご存知の方からはとっても驚きの声をいただくので
これまでの経緯と決意についてお伝えできればと考えております。

私と株式会社アイ・パッションの出会いは大学時代にたまたま見た求人原稿が気になって
「なんか面白そう〜」と軽い気持ちで行ってみた採用説明会。
そこで代表の浅井の話にゾクゾクっとして鳥肌が立ったことは今でもよく覚えています。
思いっきり魅了された当時の私は、7次選考を乗り越え無事に内定。
内定者インターンを志願をするも代表の浅井から
「1つ上の先輩たちの教育・受け入れ体制の問題もあるから1年間遊んでこい〜」と言われ、
「なんで1年後なんだ!」とムキになりその足で近くにあった不動産屋に飛び込み、
「どんなにボロい家でもいいからアイ・パッションの半径300m以内の家を貸してくれ!!」と
無理やり頼み込んで賃貸契約。
「インターン入れてくれないと野垂れ死ぬ。」と半ば脅しで
フルコミッションでのインターンを始めさせてもらったのは、いい思い出です。
そう、それくらい理念が大好きで惚れ込んでる会社なんです。

そんな経緯で入社したため書き出したらキリがないので割愛しますが
そんじょそこらのドラマには負けないエピソードがたくさんあります。

開発を内製化するタイミングでの大規模リニューアルというデスマッチや
ビジネスモデルを上司が研修で留守の合間に勝手に変えてプレスうったり
産休育休も0日(私の希望)で本当に暴れ倒してきました。

新宿で耳から血が流れて倒れ、
上司の櫻井が助けに来る、なんてシーンは今では笑い話です。笑

自社メディアにこだわりすぎて、他の代理店商材も扱ってるのに
「私じゃなくて別の会社から買ってください。」なんて言ってたっけな。
Twitterからも愛社精神・サービス愛っぷりはよく伝わると思います(笑)

そんな私が今回、新しい会社を設立するに至った経緯としては紆余曲折あるのですが、
一言で言うと【働くにワクワクを。人生にもっと潤いを。】この想いを本気で実現するためです。

新たに株式会社Cheerを立ち上げ、この分社化により経営リソースを集中し、
意思決定の速度を高めることで、市場・ユーザーのニーズをスピーディーに反映させ、
サービスの品質の向上や新規開発、きめ細やかなユーザーサポートなど
CheerCareerの一層のサービス品質向上に取り組み、事業成長を図っていきたいと考えています。

自分たちで企画して開発して運営しているので、
CheerCareerのユーザーを自分たちの子供のように大事に思っているんですよね。

なので、シンプルにCheerCareerの利用企業様は
我々の子供たちが働くことにワクワクできるか、入社したら幸せになるか、
という思いっきり独自の掲載基準ルールがあります。
(企業の皆さん、上から目線に聞こえたら本当にすみません。)

少数精鋭で就職サイトを運営しているからこそ
採用のお手伝いをさせていただく企業様の採用成功に向けて
めちゃめちゃ真剣に向き合うため、
その会社のために本気で全力で取り組めるかどうかってとても大事なことだと考えています。

この業界あるあると言われている、「求人広告を掲載したら放置」などの
広告の枠売りなんてダサいことしたくありません。

長くなりましたがお伝えしたいのは、CheerCareerは本気で働くにワクワクを増やして、働く選択肢を広げていくよ。ということなんです。

「ユーザー本位の価値あるサービスを創出し続ける」
働く選択肢を広げて、人々の人生を豊かに。

これがCheerのビジョンです。
今後このメディアをどんどんブラッシュアップして認知度を上げ、
一人でも多くの人に、働くにワクワクしてもらいたい。
「働く選択肢を広げて、人々の人生を豊かに。」したい。

こんな思いに共感する、現状の就職活動のあり方に社会的課題を感じているメンバーが集まっています。
実は2020年7月設立にも関わらず、2021卒の内定者も既に2名決まっています。

個人の人生の目標や方向性と会社の方向性が一致しているかどうか。
これは、これまでもそしてこれからもCheerの採用で拘っていきたい部分です。

2020年設立で創業メンバーとして集結しているからこそ、
会社の方向性自体もみんなで決めていけるので
会社をつくる側にまわりたい人にはピッタリの環境だと思います。
自由を不自由に感じる人もいるので
そこは価値観が合うかどうか、向いているかどうか、だと思いますが
Cheerの場合はオーナーシップを持って会社のいいところを伸ばし
改善すべきところは変革していける人材が重宝されます。

そして、【出る杭を守り、伸ばす】というのも大切にしたい文化ですね。

それは私が新卒入社して最年少で役員抜擢されたビジネス人生の中で
ものすごくアイ・パッションに感謝していることです。
そんな経験を実際にさせてもらったからこそ、「次の世代の出る杭を守り、伸ばしたい。」
と強く思っています。

会社選びは、「ベンチャー企業だから。大手企業だから。」というだけで
簡単には決められません。
そもそもベンチャー企業にもいろんな会社があるように
大手企業にもいろんな会社があります。
そして、日本の就活の現状は、新卒一括採用が主流のため
残念ながら就活スタート!となって初めて、自己分析や企業分析をし、
働くや自分の働くキャリアについて考え始めます。

会社に出会って意思決定するまでの長さを考えたことはありますか?
あくまでも参考例ですが、
会社説明会2時間 +面接1時間 +面接1時間 =4時間
社会人経験がない学生にとって、短時間で働き先の意思決定をするのは難しいですよね。

この問題を話し出すと行き着く先は日本の教育問題に発展します。

私たちはそんな日本の就活のあり方を変革するべく
働く選択肢を広げられるサービスづくりをしています。

Cheerの行動指針は
世の中にワクワクを増やす、トリガーを生み出します。

・ユーザーがワクワクするか
・企業がワクワクするか
・仲間がワクワクするか
・家族がワクワクするか
・自分がワクワクするか
何かを意思決定する際にはこの行動指針に則って判断します。

まだ小規模の、全員が近い距離だからこそできる細かい気配りで、
ユーザーやクライアントはもちろんのこと、
全メンバーの心身ともに実りある人生を応援していきたいと思います。

【働くにワクワクを。人生にもっと潤いを。】

企業情報
社名株式会社Cheer
代表平塚ひかる
会社設立2020年7月1日
事業内容ココロをツナグキャリアサイト【CheerCareer】の運営
URLhttps://cheercareer.jp