同志社大学 法学部 白井 里依

卒業年度 2022卒
文系,マーケティング,自己分析

就活の軸

「周りの人への社会貢献」「周りの人を笑顔にする」そして「自分自身が会社や人が好きである」という三つを軸に就職活動をしています。

これだけだと、全然絞れないなと自分でもまだ少し困っているところはあるのですが、私は全力で仕事をして、そこで最大限の価値貢献をしたいと考えたときに、第三者的な「社会」、第二者的な「周囲の人」、そして「自分自身」という全てが幸せになってはじめて思い切り挑戦が出来るのではないかと考えています。

また、業界業種を絞らずに様々な企業の情報を集めることで、自分が普段意識することのなかった素敵な企業に出会える可能性があると思っています。

特にtoBの企業ではまだまだ知らないことだらけなので、人よりもたくさん調べたり出会っていくことで少しずつ「自分はどんな企業や人や文化を好きになるのか」ということが分かっていったらいいなと思っています。

会社に入ったからにはそこの利益の為に、その利益が社会の役に立つように、出来ることは全てやりたいと考えているからこそ自分自身が心の底からそこを好きかというのは切り離せないからこそ、だれよりも自分の「好き」という感情を大事にしたいです。

焦らず余裕をもって就職活動を進めていくために、2年生から積極的に説明会に参加し、時には周りから「心配しすぎ」と言われながらも、自分が大ファンになって全てを懸けたくなるような企業との出会いを楽しみにしています。

就活スケジュール

1. 大学に入学後すぐにキャリアセンターに行く。

2. 大学2年生の5月に学校のセミナーに参加する。

3. 大学3年生の4月から説明会に参加する。

4. 大学3年の5月頃からESやガクチカを練る。

5. 今後はOB訪問の準備を始める。

将来どうなりたいか

「色んな人の記憶に残りたい」
これは、ずっと前からの私の人生のテーマです。「人は二度死ぬ」という言葉があるように、多くの人の心に残り続けるというのは、自分が人生で何が出来たのかということの先にあるのではないかと考えているからです。

また、私の生まれ育った大阪は笑いの溢れた人情味あるあたたかな地域で、そんな人と人とのつながりの中で生まれる笑顔がもっとたくさんの人に届けたく、そのためには自分は思わず笑顔になるような素敵なサービスが世の中に広く届けられたらいいなと考えています。

具体的には、マーケティングという領域から企業を支えられる存在になりたいと思っていて、暗いニュースが日々飛び交うような社会の中で、ちょっとでも心があったかくなるようなものを届けられる存在になりたいです。

そうやって自分が関わったサービスが誰かの笑顔を生んだら、記憶にも残るんじゃないかなって。

また、役職や立場よりも、会社の仲間や周りの人に信頼され、私がサポートに回ることでみんなが安心出来るような存在になりたいです。

チームを支え、会社を支え、それが周囲の人や社会を支えられるようになったらうれしいですし、時には身近に不安や問題が生まれても根気強く向き合って一つ一つ丁寧に解決できる人になりたいです。

小さな社会で必要とされて、大きな社会の中で記憶に残り続けるようなものを生み出す。

そんな未来になるように日々積み重ねていきたいですね。