中央大学 商学部 和崎 竜也

卒業年度 2021卒
文系,企画・マーケティング,インターン

大学時代について

大学時代の最初は公認会計士を目指していたんですが、
公認会計士の講座で友達の中で自分だけが上のクラスに上がったときに孤立してしまって、友達がいなくなってしまったんです。

そこで病んでしまって、公認会計士の勉強を一度やめてみたら、
今度は大学に入る前の自分を知っている人たちに「なんで大学入ったんだよ生きてる意味ないじゃん」というような心無いことを言われて引きこもってしまったんです。

ただ、このままじゃダメだなと思い、
そこから少しずつ外に出てボランティアサークルなどを経て社会復帰していきました。

その後親に進路を相談したときに、「自分のやりたいことをやったら」という勧めで、
公認会計士だけにこだわらず公務員や民間のことも調べ、そこでベンチャー企業を調べるようになりました。

特に、祖父が経営者だったことと、大学のアントレプレナーシップ論に関心がわいたことで、3年のころにはベンチャー企業に絞っていました。

また、せっかく今までとは違うことするならこれまで自分が目指していた安定ではなく、
どこまでやれるか挑戦したいと思ったときにベンチャーだけに絞り、就職活動を進めました。

就活スケジュール

1. 大学入学後すぐに公認会計士を目指す講座に入る

2. 大学2年、公認会計士の講座を辞め、公務員の勉強を始める

3. 大学3年、大学のアントレプレナーシップ論を受けベンチャー企業に関心がわく

4. 大学3年の夏から就職活動開始、大学3年の終わりに内定し承諾

5. 現在は内定先でインターンシップ、マーケティングのスキル習得に励む

就活の軸

最終的な軸は「自分のロールモデルがいること」「Web業界という応用きくところ」「新規事業などチャレンジングな環境に関わることが出来ること」の3つです。

元々はベンチャーという世界が全く分からなかったので、CheerCareerに登録し、スカウトを送ってくださった企業とお話していく中で見つけようとしていました。

ただ、どこの企業にも魅力はあり、面白い事業、これまで自分の周りの世界にはなかった楽しそうに働く社会人たちと何を基準に決めるかものすごく迷っていました。

また、お会いする方はみんな会社の良いところは話してくださるのですが、
何がその会社の弱みなのか、変えたいところなのかが分からず、本当に自分に合う会社なのかが不安でした。

その後あるベンチャーの面談で西尾(当時人事、現アイ・パッション)さんから
「こんなに会社がある中で一番いい会社を選ぶなんて出来ないんだから、とりあえずいいなと思うところに飛び込んでみてから考えたらいいよ」
という話を聞いて、そういう会社に出会ったらそこに行こう、と決めました。

その頃に自分なりに会社で何をやりたいかを考え、軸を定めています。

内定承諾をしたFREE WEB HOPEの深町さんと出会ったときは、
価値観というか境遇に近しいものを感じて、周りからの評価と自分の出来ることの差を感じながら赤裸々になんでも話してくれるところに色々なものを感じ、
自分のロールモデルになるなと感じました。

「今の段階で一番いい会社を」という話が刺さっていたので、
自分の中でのハードルというか条件を突破していたらもうそこで決めようと思ってました。

あとはそこで早いところインターンとかをしながら力をつけようかなと。
また、早くに内定承諾すれば自分で同期を選ぶ側に回れるかもと思ったところも大きかったです。

将来どうなりたいか

まずは個人で稼げるようになりたい。これは会社関係なく直近1年での目標です。

そのうえで会社で学ぶべきこと、発揮できる価値を明確にしていきたいですね。
後は、やはりマーケターとして個人でトップになりたいです。「Webの企画考えさせたら和崎だよね」と呼ばれるくらいになりたいですね。

今インターンシップをさせていただいてますが、あまりギャップも感じていないですし、毎日新しいことが知れてものすごく刺激的です。

将来やってみたいことは独立なのか、経営なのか、それともまだ自分の想像出来ない何かなのかはわかりませんが、
このワクワク出来る環境で最大限に学び、力をつけ、成果を出す。というサイクルをまずは回すことからだと思うので、今後のことは自分自身も楽しみにしてます。

内定先からのコメント

和崎くん、プランナー新卒採用第一号として、一緒に走ることを決断してくれてありがとう!
CheerCareerさんご協力のもと、サプライズでいまこれを書いています。

すでに内定者インターンとして業務に関わってくれているのでわかると思うけど、
難易度は高いし、上流のポジションだからこそ抽象的な会話も多くて戸惑っているだろうし…笑

そんな環境の中?そんな環境だから?

楽しんで仕事してくれている和崎くんをみて、第一号として採用して本当に良かったと思う。

そんな和崎くんの決断を絶対に無駄にしないよう、僕も全力で並走します。
プランナーとしては僕の方が先輩になっちゃうけど、ポテンシャルは和崎くんがあると思うので、1年そこそこで追い抜いて僕を見下してくれることを夢見ています。

プランナーというポジションしかり、新規サービスの立ち上げしかり。
楽しいポジションをガンガン与えていくつもりなので、お互いに支えあいながらFREE WEB HOPEを最高の会社にしていきましょう!(深町)

——————
和崎くんの印象は、真面目で素直なところかな。

あと、「自分自身で意味を見出せる人」だと思う。とことん思考する人というか、逆にいうと中途半端が嫌いなのかな。言い方変えると頑固笑

でもこの頑固っていうは素直とセットになるとすごく良くて、まず素直に人の話を聞く、そのうえで自分の納得できる答えや考えを固める、固めるとしばらく譲らない。

こういう人は、実直で行動に一貫性があるから、決めた地点に向かうときに無駄がない。無駄がないと成長が早い。

仕事の覚えも早いって聞いてるし、
Twitterガチ部っていうTwitterで影響力を獲得しようみたいな(ゆるい)部活があるんだけど、そういうところでの飲み込みも早い。

この特徴を活かしてどんどん思考してどんどん成長して、どんどん面白いものを生み出していってほしいかな(相原)