株式会社PHONE APPLI 橋根 潤

卒業年度関西大学 2019卒
URL https://cheercareer.jp/company/index/3555
理系、セールス、地方就活

就活の軸

私の就活は大学2年生の夏から始まり、内定承諾するまで約2年間ありました。

他の就活生と比べても比較的長い方だったかな、と思います。
よく就活を「辛い」とか「つまらない」とか言う方も多いですが、私の場合は社会人の先輩や社長さんとの出会いがたくさんあり、そこから学ぶことも多かったので、就活自体をとても楽しんでいました。

その中で就活の軸となったのが、
・高い営業スキルが身に付く会社
・社員の仕事への熱量が高い会社
・自己の成長スピードが速い会社
の3点です。

営業スキルを身に付けたかった理由は、最終的な目標として”起業”を目指していたから。じゃあ新卒で一番先に身に着けたいスキルって何だろう?と逆算した先に「営業力」があったんです。

そもそも起業したかった理由は2つ。
1.スティーブ・ジョブズへの憧れ
2.自己分析の結果(過去の経験から)、自分が中心となって、新しいことを実践したり、何かに挑戦したりする時にモチベーション高く、人生が楽しい!と感じていることに気づき、今後の人生の大部分を占める仕事も同様に楽しみたいと思ったから

就活中に出会った起業家や、起業に失敗した人からの話を訊いていると、アイデア力や良いサービスはあるのに「広げる力」がないから売れない、という話を伺うことがありました。それってとても勿体ないじゃないですか。

その話を聞いて、やっぱり起業するには自分の力で良いサービスを広めていく力が必要だと気づき、新卒で入る会社は高い営業スキルが身につく会社にしようと決めました。

また、自己分析やグループディスカッションを通して、一緒に仕事をする人のモチベーションの高さも、自分にとっては重要だということに気付きましたね。誰と働くかを大事に考えていて、一緒に働く人たちの仕事に対する意識やビジョンへの想いは、働くうえで欠かせないと思い、「仕事へのモチベーションが高い人が集まっている会社か」を重要視していました。

また、年功序列ではなく、若手が会社を引っ張っていける社風であることや、自分の成長スピードがどんどん高まっていくようなベンチャー企業に魅力を感じるようになりました。

就活スケジュール

▼大学2年生6月~
企業研究など情報収集

▼大学3年生4月~
企業研究とインターンシップへ応募。

▼大学3年生6月~11月
土日のほとんどを就活に費やす日々。

▼大学3年生12月~
本格的に選考を受け始める。
IT業界のエンジニア、食品メーカー、不動産などエントリー企業は100社以上。

▼大学4年生7月
株式会社PHONE APPLIに内定承諾。
結果的に大手企業2社、ベンチャー・中小企業12社から内定を獲得。

PHONE APPLIに内定承諾した理由

ずばり、PHONE APPLIならではの魅力があったからです。

正直なところ、内定をもらった12社の企業は全て自分が希望する条件を満たしており、条件面だけで考えればどこに入っても同じだと思っていたんです。

結局どの会社に入ってもメリット・デメリットはあるだろうと思いましたし、自分の成長次第でデメリットは塗り替えていけると考えていましたが、その中でも直感で「ここしかない!」と思う会社がPHONE APPLIでした。

特にPHONE APPLIに惹かれた理由は、
・新卒一期生だったということ
・事業の成長のスピード感
・目まぐるしい変化を一緒に楽しみたいと思う社員が多かった
ということ。

どれも私の就活軸にぴったりでしたね。

また、オフィス見学に行った際、その雰囲気を見て、数か月後にそこで働いている自分が、どの会社よりもイメージできたということも大きいです。

実際にPHONE APPLIで働いてみると、マッチする人材の特徴が更に掴めてきました。
・とりあえずやってみる精神の人
・仲間と自分を信じて、限界を超えた挑戦がしたい人
・突然のチャンスをつかめる人
はPHONE APPLIにピッタリだと思います。

正直、新卒にこのレベルの仕事を任せていいのか…?!と思う仕事も多いので、まずはやってみる精神がめっちゃ大事ですね(笑)

PHONE APPLIが展開するサービスは、IT業界の中でもクラウド系サービスのため、市場の変化への対応力や自社サービスの成長にスピード感が非常に求められます。

自分の成長が会社の成長に貢献できていると思うと、めまぐるしい変化の中でも、とても楽しく、やりがいを感じられることが最高です。

株式会社PHONE APPLIの1年目

とにかく必死に食らいつく一年だったと思います。
PHONE APPLIは2019卒が新卒1期生だったのですが、新卒メンバーの教育体制がいい意味でほぼなかったんです。

逆に言えば、新卒一期生として周りを巻き込むということを求められていたと思っています。

仕事のやり方を0から先輩に訊きながらも、まずは自分で考えて行動し、少しでも成果を出す。とにかく先輩から自発的に学ぶがむしゃらな日々で、ビジネスパーソンとしてかなり鍛えられました。

自分から積極的に動いて先輩方を巻き込み、知識のない領域でも自ら調べて、成長の源にすることを期待されていたんだと感じます。

お陰で、新卒1年目でありながら、日系の某大手自動車メーカーさんから発注をいただくことができました。

もちろん、すべて初めの経験だったので、先輩に助けていただきながらですが、最初から最後まで自分主体で完遂できたことが何より嬉しかったです!

PHONE APPLIでは、新卒一年目から、自分にできないことができるようになる成長実感を得られますし、更には、年功序列ではなく社員の頑張りを正当に評価してくれるからこそ、新卒でものびのび自由にスピード感をもって成長できるのだと思います。

この環境は、まさに私が求めていたものでした。

今後のビジョンと就活生へのメッセージ

現在PHONE APPLIは、急成長中です。

PHONE APPLIの自社サービスである「Web 電話帳」は国内導入実績が300社を超え、Web電話帳アプリケーション市場で7年連続シェアNo.1を獲得できています。

さらに、新型コロナウィルスの影響により、社会的にリモートワークが推進される今、PHONE APPLIにとっては追い風です。

これからのPHONE APPLIがますます楽しみですし、自分の成長が会社の成長スピードに影響する感覚を楽しみながら、ドンドン挑戦していきたいです。

また営業以外でも、今後入ってくる後輩のために教育体制を整えていきたいと思っています。私が新卒1期生だったので、新卒としてどういう環境であればうれしいのか、後輩が成長しやすい方法や制度は何なのかを、常日頃模索しながら会社にアウトプットしていきます。

また、今後PHONE APPLIで働いていれば、起業すること以外に選択肢が広まる可能性もあると思っているので、社内でのチャンスもしっかりキャッチしながら、PHONE APPLIの成長に貢献できるよう頑張っていきたいです。

PHONE APPLIは、日々本当に目まぐるしいスピードで変化していくベンチャー企業ですが、みなさんのキャリアにおける選択肢が圧倒的に広がることをお約束します。

この記事を読んでくださっている方の中で、少しでも興味を持たれた方がいれば、ぜひオフィスに遊びにきてください!

お会いできるのを楽しみにしています。

この先輩が就職した企業はこちら