株式会社エコランド 森田 佑希

卒業年度専修大学  法学部 2018卒
URL https://cheercareer.jp/company/index/3051
文系,セールス,イベント

就活の軸

・理念に共感できること
・社員が楽しそうに働いていること
・営業職

この3つを軸にしていました。

就活軸を絞りこむまでにちょっとしたストーリーがあったのですが、
もともとは不動産営業をやりたくて就活をスタートしたのです。

祖母が不動産の仕事をしていた関係で普段から不動産の話を聞いていたので
自分もそんな仕事してみたいというイメージがきっかけでした。

就活をスタートした当時は、大学3年生の夏はCMとかで見るような有名かつ大手の不動産会社ばかり
エントリーしており、多い日は毎日3-4社に足を運んでとにかく会社の情報を熱心に集めていましたね。

ところが、インターンに行けば行くほど、不動産業界特有の雰囲気に違和感を感じてきて、
本当に不動産業界で働きたいんだっけ?業界の軸だけで就活するの違うのかも?
と思うようになったのです。

今思えばインターンに行ったことで就活軸が整理されてとても良かったと思っています。

そして、改めて立てた軸は「一緒に働く人」や「会社の理念」でした。

そこからは、業界問わずとにかく色々な企業を見たいと思い、
15~16ほどの就活サイトに登録して事業内容や理念、
働く人が楽しそうに仕事をしていると感じた企業を受けるようになりました。

相変わらずベンチャーをメインに見ていたのですが、就活自体はとても楽しかったです。

最終的には、大学4年生の5月まで就活は継続し、インターンに参加していた大手不動産会社からも内定をいただいていたのですが、
やはり「ベンチャーに行きたい」という想いと、一緒に働く人、理念への共感度という3つの軸を考えた際に
情熱フェスタというイベントで相思相愛になったエコランドに内定承諾しました。

エコランドのように社会貢献性の高い事業を展開している企業はとても理想的だったので、
入社3年目になっても自社で働く意義を常に感じられていることは幸せだなと思います。

就活スケジュール

大学3年6月 大手サイトの合説に参加
7月-8月 業界研究(インターン行きまくる)
10月 パッションナビ「飲ターン」参加
12月-1月 情熱フェスタ参加(イベントでエコランドと相思相愛のマッチング)
2月-3月 説明会&選考ピーク(内定2-3社)
3月 株式会社エコランドに内定承諾
5月 大手選考結果を待って就活終了

詳細と意思決定のポイント

エコランドに決めた理由は、自分の就活軸にある
「理念共感」「営業職」「一緒に働く人」
のすべてがきれいに揃っていたためです。

出会いは12月の情熱フェスタがきっかけだったのですが、
社長に営業するシーンで「記憶が消せる一万円のペン」を提案した際、
社長がとても笑顔で提案を聞き入れてくれて、
人柄はもちろん、社員さんと話している雰囲気なども非常に好印象で、
ふとこの会社で働いている自分がイメージできたのです。

この中に居たいと思うようになってからは、一気に選考志望度が高まった記憶があります。

さらに、イベント当日に社長から直接スカウトをいただくことができ、
それがとてもうれしくて、出会ったばかりの社長に「御社に入りたいです!」ってアピールしていました。
今思うとかなりパッション溢れる学生でしたね。

その後の選考でも、どの社員さんにお会いしても同年代が多いからか優しくフランクに話しかけてくださり、
わたしの就活軸である「一緒に働く人」としても理想的で、
理念も事業内容にも本当に共感できたので、内定承諾するまでこの出会いに運命を感じていました。

入社後の活躍・その後

入社前の内定者研修で「エコプロ」という大手企業もたくさん集まるような展示会に
自分たちの企画を出展したところからエコランドでの仕事は始まっています。

エコランドに新卒として入ってからは、
ビジネスマナーや自社の仕事を学ぶ一か月の研修がありますが、
その研修後はすぐに独り立ちです。

研修期間中、先輩のトラックの横に乗って見て学んできたことを配属先では一人の力でやっていく必要があるため、
最初はドギマギして全然相手をしてもらえなかったり、
若い女性だからとなめられたりする事もありましたが、
自分のやり方を確立させながら徐々に一人前になっていく実感があるのは
成長を実感できてやりがいを感じました。

わたしの場合は、1年目の終わりから
コールセンターチームへの配属になっており、
そこではお客様からの問い合わせや
既存のお客様のサポートを担っていました。

右も左もわからない状態から
半年間でリーダーになることができましたが、
この期間は責任の重さやリーダーとしての立ち回りなど自分の力量以上の仕事をやることが多くて本当に色々な壁がありました。

できない自分が悔しくて泣きながら仕事をする日もありました。

でも今思えば、新卒1年目でここまで裁量権をもってやれたのは
とてもいい経験になりましたし、
これから入ってくる後輩にも教えられる体制が作れたのでプラスです。

今はコールセンターを離れて、営業をしているので、
これまでの経験を活かしてどう売り上げを上げていくか考えるのが楽しみです。

就活生へのメッセージ

就活は、自分を見つめ直す貴重な期間になると思います。

そのうえで、見つめ直した自分と、自分の進みたい道が
マッチしている会社にぜひ出会う就活にしていただければいいなと思います。

わたしの場合はそれがエコランドでしたが、
どの会社に入っても新卒一年目は努力の年になると思うので、
その努力の方向性がズレないように、
ちゃんとTOPの考えや理念に共感できる会社を選んでください。

「1%の才能と、99%の努力」というかの有名なエジソンの言葉がありますが、
あの天才さえも努力が成功のカギだと言っています。

せっかくの一度きりの人生なので、
自分の決めた道は、全力で楽しんでください!

応援しています。

この先輩が就職した企業はこちら