[23卒向け]今から始める!SNSを活用した就職活動情報戦略

面接対策 2021.07.30

[23卒向け]今から始める!SNSを活用した就職活動情報戦略

すっかり熱くなってきましたね。23卒の方々のインターンも始まってきており企業の情報を色々な形で調べている皆様も多いのでは無いかと思います。その中で皆さんが普段使っているSNSがとても役に立つツールになっていることをご存知でしょうか? ## 何故SNSが就職活動において情報収集に使えるか? 昨今は情報化社会になっており、企業側が採用活動においてPR活動をするにしても色々なサービスやツールが多く増えてきています。また10年ほど前のように新聞広告やテレビ広告のようなマス型の広告で一律の情報を発信する形というよりも、SNSを活用し積極的に企業の社員個人のレベルで色々な考えや、企業の魅力を「個人の声」として発信しているケースが多くなってきました。 そうなのです。SNS上にはリアルな企業の状態を知る糸口となるきっかけが沢山あり、その情報を効率よく日々収集していくことにより、就職活動において面接対策を有利に進めることができるのです。今回はそのSNSを活用した情報収集方法に関して色々と紹介していきたいと思います。 ### 情報収集方法1.企業の社長のtwitterをチェック 企業の社長は近年twitterを活用し自社の情報発信をよくしています。特に会社の風土、実際に会社の経営において悩んでいるポイント、そのポイントをどうやって乗り越えることができたか?などかなり深い情報をtwitter上に呟いたりしています。オフィシャルHPに掲載されている社長インタビューなどとは違い、リアルな本音、少し人間っぽい弱みなど、企業経営者の人柄をリアルに知ることができその企業のリアルな内側がわかるきっかけとなる事が多いです。 また普段忙しい経営者に関してはtwitter上で日々感じていることや、仕事において大切にしている価値観などを発信し、社員や取引先の企業へメッセージとして投稿をしている経営者の方々も多いので、この投稿をしっかりとチェックしておき、自分自身が共感するポイントなどがあった場合には面接の時点でその話題にふれるのも良いかもしれません。 ### 情報収集方法2.企業の社員のtwitterをチェック 企業の社員の方々のtwitterをチェックしていくのもお勧めです。企業の上層部の方々とはまた違った現場目線でのリアルな思いや会社の制度、組織風土に対する現場の目線での投稿などはとても参考になることが多いです。 特に人事、総務の方々の会社全体の組織制度の構築、などを担当している部署の方々のtwitterをチェックしておき、企業の経営者の価値観や考え方が浸透しているか?生き生きと働いているメンバーは多いかどうか?そういう事をチェックしていくと自分自身に合う企業やそうでない企業がより具体的に見つかってくる手がかりとなるかもしれません。 ### 情報収集方法3.自分自身がtwitterで企業関連の投稿をする 自分が気になる企業の取り組みなどがあったら自分自身ハッシュタグをつけて投稿してみるのもお勧めです。その投稿を見て社員の方々がコメントをしてくれたりとか、その投稿が会社の理念と近い投稿であった場合、社員の方々のいいねがついたり、あなたと同じような価値観、仕事感を持っている人々がいいねをしてくれたり、自分自身の就職活動における「軸」のようなものが見つかったりするきっかけにもなります。情報を収集したらアウトプットもしてみてそこで得た情報をさらに吸収していく、その過程の中でより自分自身の就職活動に対する軸が固まっていくこともあると思います。 ## いかがでしたか? SNSが積極的に活用されている現代においてSNSを上手に活用していくと、効率的に企業のリアルな情報にたどりつけるようになると思います。ぜひ皆様もこのノウハウを活用し就職活動において役立てくださいね。Cheerのメンバーもtwitter上でCheerに関することや就職活動におけるノウハウや価値観の持ち方、スタンスなどよく呟いてますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。それではまた次の記事でお会いしましょう!
この記事を書いた人
渡辺勝弥
株式会社Cheer シニアセールスマネージャー
2011年の震災がきっかけとなり地方創生
の取り組みを継続して行っています。
Cheerでは地方創生・新規事業系の仕掛け作りを
してまいります。
渡辺勝弥のTwitterアカウント
この人の記事をもっと読む