就活を乗り切るには「家族」を攻略しよう!

親対策 2019.05.08

就活を乗り切るには「家族」を攻略しよう!

最近、【就活】と【親】の関わりについて取り上げられることが増えてきました。 よく見るのは、家族が自分の志望先・内定先に口出ししてくること。 「親が大手企業しか認めていない」「公務員になれと言われる」 「中小・ベンチャーはブラックだからやめろ」など。 ちなみに私もたまに言われていました。 しかも大学まで地元にいたので、上記の他に 「地元に就職してほしい」「実家から通えるところに、、」 「警察官になれ!(←これは私が祖父に言われた言葉です(笑))」 などと言われたり。 自分自身が行きたい会社・入社する会社にも 「その会社はブラックではないか」「もっといい会社があるのでは」 と口出ししてくることもあるかと思います。 感情的に「うるさい!私の人生じゃい!!」と言いたくなりますよね(笑) その場合は以下をやってみては如何でしょうか。 ーーーーーーーーーーーーーーー ■ 自分の志望先をプレゼンしてみる →どんな会社なのか・どんな社員がいるのか・どんな福利厚生があるの・そして  この会社で自分がどうしたいのか・ここでしかできないことなど  自分の気持ちも込めてお話してみましょう。 ■ 小さなことからこまめに現状報告をする →「人事の〇〇さんから連絡来たんだよね」「社員の△△さんから□□って言われた!」など  こまめに自分のことを気にしてくれる企業であることをお伝えしましょう。  家族に色々言われれる前にこちらから情報を出すこと! ■ 新生活の準備に付き合ってもらう →新しい環境で生活することになる場合、  物件探しや引っ越し、可能であれば会社の最寄駅など  今後自分が行動する範囲を一緒に見てもらうようにしましょう。 ーーーーーーーーーーーーーーー 家族が1番気になるところは  ・安定した収入が得られる  ・休みがきちんとある  ・福利厚生が整っている などが挙げられますが、何より 【企業が自分の子供を大切に育ててくれるか】を見ているのです! 新入社員が過労やパワハラが原因で自殺したニュースがあったりして 「うちの子もそうなってしまうのではないか」と心配になるのも当然です。 近年では【オヤカク(=親に確認)】という言葉も登場し 企業側も親に挨拶の電話をしたり、会社パンフレットを送付したり。 就活に親が口出ししてくるのが当たり前な時代になってきています。 社会人になった後もご家族に応援してもらえるよう、良好な関係を築いておきたい! と思うと家族の言うことを聞かなきゃ。。と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、 自分のやりたいこと、入社する会社に対する気持ちを 素直に家族にぶつけてみたほうがよいのではないでしょうか? 自分がこれから進んでいく道は自分で切り開いていくしかありません。 そのためには自分がやりたいこと、今後自分が働くところも理解してもらうことが大切です。 私のように家族に色々言われている方は、ぜひ上記のことをやってみてください! (ちなみに私はこれで両親を攻略し、今では 父が出張で東京に来る時には飲みに誘われ、 母も東京に遊びにくることが楽しみになったようです(笑))
この記事を書いた人
青森のいしかわ
青森県出身のエンジニア。2016年、大学卒業後に上京。
地元愛が強すぎて、何かと理由をつけて青森に帰省しようとする。
ついに2021年9月に地元青森にUターン!
お笑いを見るのが趣味で、特にゴイゴイスーが好き。

青森のいしかわのTwitterアカウント
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする