社会人3年目の自分から、就活生の自分へ。

自己分析 2020.04.18

社会人3年目の自分から、就活生の自分へ。

3年前の自分は「就活」にフラストレーションを感じていた。 **就職するための活動=就活 就活=みんな同じ方向を向いて行うもの。** 個性が出せないもの。 こんなイメージが狭くて苦しいと感じていた。   今ベンチャーで働く自分から、 3年前就活生だった自分に手紙を書く。 みなさんにもきっと良いヒントがありますように。  ____________________   先に言っておく。 残念なお知らせであるが、 君は大手企業で働けるタイプではない。   夏のインターン期、 周りの友達につられて行ったキャリアセンター主催のセミナーで 退屈なでクソつまらないプレゼンに君は心底絶望する。   女子大だから登壇しているOBはキラキラしているけど なんとなく言葉が薄っぺらくて何も入ってこない。 なんとなく楽しくない。   それを必死にメモする友達を横目に、 君はスマホをいじっている。 「インターンに行くと選考に有利」 その本当かどうかわからない情報に少し期待して、 名だたる大手企業にエントリーする。 正直、周りにおいていかれるのが怖かったんだと思う。   そして、**インターン選考はすべて落ちる。** いやいや冗談やん。。   「学歴で落とされるインターンあるらしい」 とおりすがりの学生が言っていたのを思い出して嫌気がさした。   なるほどな。 どこまでも学歴社会なわけね、と 君は就活を諦めてしまう。   いや、わかる。 わかるよその気持ち。 でも、24歳の自分からアドバイスすると このままでは非常にもったいない。   大学3年生。 このタイミングでしかできないことが山ほどあることに気づけ。 バンド活動でもサークルの飲みでも、バイトでも 彼氏とのデートでもなく、旅行でもない。   **ベンチャーの長期インターンシップに行くのだ!!**   今の君に足りないものすべてが手に入る。 学歴で落ちないインターンシップもちゃんとある。 君の就活や社会人スタートダッシュを劇的に変えてくれる。   ## ■ベンチャーのインターンシップで得られるもの **・社会人マナーが身につく ・会社で「働くこと」を実体験できる ・お給料がもらえる ・社会人の知り合いが増える ・どの会社の最終選考も通る武器になる ・学校で教えてくれないリアルを学べる**   そして何より、 就活に対するモヤモヤをクリアにできる。   キラキラしたことしか言わないOB 早期内定が勝ちという友達 大手に行かせたい親や先生 こんなのは一旦置いておこう。 自分がいいと思う方法に足を進めてみればいい。   24歳の自分から就活生の自分に伝えたいのは、 **「ビジネスマナーを知っておけ、スタートダッシュがきまる」 「とにかく社会人経験を学生時代に持っておけ、絶対に活きる」 「社長の人脈を増やしておけ、困ったときに助けてくれる」** ということだ。 あと、「ベンチャーは君に合っている、最高にたのしい」 エントリーがめんどくさいと、君のことだからそう思っているだろうから、 それが嫌なら知ってる会社の人事、社長あるいは若手社員に会いに行こう。   行動した人しか見れない世界がある。 経験した人でしか出せない仕事探しのヒントがある。   就活=つまらないと決めるのはまだもったいない。   **もっと多くの社会人と話してほしい。 ビジネスのリアルを知ってほしい。 社長や人事と繋がってほしい。 ベンチャー企業の存在を知ってほしい。**   今24歳のわたしは、 最初から就活を諦めていた自分に後悔しているから。   こんなに情報があふれていて、 ほしい情報が取りの時代に、 行動せずに「つまらない」を決め切るのはもったいない。   これを読んでいる皆さんもどうか、 これからある沢山の出会いと 情報をキャッチするためのアンテナを下ろさないでほしい。   いつ、なにが、どうやって あなたの就活ライフや 社会人生活を激変させるかわからないから。   自分の人生しかり、 就活しかり、 その先の人脈に期待する人生に幸あれ~~!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする