株式会社リーディング・エッジ社
+ フォロー
面接中、質問や伝えたいことがないか聞かれた時

2022.03.15

面接中、質問や伝えたいことがないか聞かれた時

みなさん、こんにちは!
リーディング・エッジ社 採用担当の菅野(かんの)です。

3月から就活本格スタートして、
そろそろ選考に進まれている方も多いのではないでしょうか。

面接では、面接官から学生に対する質問だけでなく、
学生から質問してもらうシーンも多々見受けられます。

学生さんからすると、

「質問、正直無いんだよな」
「1~2個くらいしか出てこなかったけど、大丈夫かな」など、

プレッシャーに感じる人も中にはいると思います。

私も学生ときは
「的を得てない質問してしまったらどうしよう・・」など色々不安に駆られていました。

なので毎回、
「個別説明会でたくさんお伺いすることができたので、大丈夫です」

と発言していたのですが、
今思うと勿体ないことしてたな~と思います。

というのも、面接中に質問や伝えたいことがないか聞かれた時っていうのは、
学生さんが自由に自分をアピールできる場でもあるんですよね。

例えば、
「個別説明会でたくさんお伺いすることができたので、大丈夫です」を

『個別説明会で担当の○○さんが丁寧に教えてくださったので、今のところは大丈夫です!』

と、言い換えることで、
面接官からすると自社の社員を褒められてプラスな気持ちになりますし、
説明会の対応者が一次面接官として参加している会社だと、
その担当者は『この学生さん、なんて良い子!』となります。(これ私)

そして質問がなくても、

『質問ではないのですが、よろしいでしょうか?』

と前置きしてから、
自分の想いを企業にぶつけるのも◎

面接は自己アピールの場ですので、
面接官からの質問でどれだけ自分をアピールできるかが重要になります。
でも、それだけでは限界があるということを面接官も分かっているため、
タイトルのような問いかけをします。

「特にありません」で終わってしまうと、面接官も少し寂しい気持ちになってしまいますので、
入社したい気持ちをしっかりアピールできるといいかなと思います!

みんなの就職活動、応援してます!
fight~☆


写真は冬季五輪期間中の本社のカフェスペースの風景。
この時はスケートのエキシビションやってました~!

個別説明会のご予約はこちら→
https://cheercareer.jp/company/seminar_detail/4062/98096

投稿一覧
12345