株式会社IOBI
フォロー

この投稿をシェアする:

【これを聞いたらダメ!】面接での逆質問について

今日は『面接においての逆質問』についてです!


みなさんはこんなこと聞いていませんか?


『やりがいはなんですか?』
『私ってどう見えていますか?』
『特に質問はありません。』


上記の回答をしちゃった経験があるなら、すぐにやめましょう!
この逆質問は、志望度の高さと思考の深さや質問力を見ています。


『やりがいはなんですか?』
これは多くの学生がしている質問です。


もちろん、インターンの後やOB・OG訪問の際に聞くのは大丈夫です。
しかし、面接のときに面接官にやりがいを聞いても、あくまでその方が感じているやりがいであって、100通りの考え方があります。
質問がなくてなんとなくしているのかな?って印象を与えるので気をつけましょうね。


『私ってどう見えていますか?』
これも多いですね。
逆質問も面接の評価中です。テスト中に答えを求めるのと同じで、やってはいけない事です。後日どう見えていたかは結果として返ってきます、面接中に聞く質問としてはふさわしくありません。
どうしても知りたい場合は、後日リクルーターへ相談するなどしてみてください!


『特に質問はありません。』
これを回答してしまった場合は、高確率でその面接は落ちると思ってください。
志望度が高ければ、絶対に質問は出るはずです。
どれだけ面接内容が良くても、志望度の低さを感じ取られてしまい、不採用になるケースが多いです。必ず事前に質問は準備してから挑むようにしてください。



一番良いのは、やはり”有価証券報告書”や社長・役員のインタビュー記事から抜粋するのが良いかと思われます。
有価証券報告書の事業等のリスクから、自分の考察を基に質問するのがベストだと言えます。


いかがでしたか?
逆質問も、意図なくするのではなく、選考の一部だという認識を持ってしてみましょう!

石井智大
代表取締役 最高経営責任者
「誰しもが自分のキャリアに自信を持てる社会を創造したい」 &n…詳細を見る
「誰しもが自分のキャリアに自信を持てる社会を創造したい」

 

人材事業で起業した当時は、この思いを持って仕事をしていました。働く時間が人生の大部分なのに、妥協して仕事を楽しめていない人が多い社会を何とかしたいと思い「青春キャリア」を立ち上げました。しかし、人材事業だけを盛り上げても根本は変わらない。他の業種にも参入し、見本となる会社を作ろうと決意し、現在5つの事業に進出しています。

皆が希望を持って働ける社会を日本で作れたら、まだまだ世界と戦えるし、そのような世界が広がればより豊かな社会になると思いませんか?

 

そんな、前人未到の挑戦を一緒にできる熱いメンバーに出会いたいです!
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社IOBI