株式会社EXIDEA
フォロー

この投稿をシェアする:

言葉の重みについて考えてみました。

言葉の重みについて考えてみました。

こんにちは。
EXIDEAでインターンをしている下村青です。

本日は少し重たいテーマかもしれませんが、「言葉の重み」について考えさせられることがあったので少しお話しさせてください。

最近読んだ漫画の中で、とても傷つけられた高校生がいました。その高校生は余りのつらさで自殺を考え、学校の屋上に立って泣きじゃくります。周りがひやひやしている中、同級生がその高校生に向かって、命の重さに比べたらちっぽけなことなのに、そんなことで死のうとするなんてバカだと言いました。
しかし、そこで倫理の先生が言います。「それは違う。どんな理由であっても命に代わるほどの重い絶望になる。それにどれほどの覚悟が必要な事か。」
私はこのシーンでハッとさせられました。
自分の価値観に相手を当てはめて物事をとらえることがどれだけ危険なのか、そして相手の立場に立って考える、相手の考えに寄り添うことがどれだけ大切なことか。
相手に寄り添うことで自分の発する言葉も大きく変わり、その人を救うことができるかもしれません。そう思うと一つ一つの発言ってとても大切だなと思いました。

とても偉そうに語ってしまいましたが、私も相手の立場に立った発言をできていないことが多いと自覚しているので自戒を込めています。

人が発する言葉で誰かを救ったりも傷つけたりもする、と思うと言葉の重みをすごく感じませんか?

EXIDEAに入ってから、「言葉の重み」や「感謝の気持ち」など人として大切なことを改めて考えるきっかけが増えました。それも、EXIDEAのコアバリューにTHE SHAREがあるように、みなさんがこういったことをとても大切にされているからだと思います。

みんながいい気持ちだときっとそれは連鎖して周りのみんなもいい気持ちになれるのではないでしょうか?そんな雰囲気を作り出すことのできるEXIDEAでインターンができることをとても嬉しく思います。

長くなってしまいましたが、少しでもEXIDEAが気になった方は下のリンクからチェックしてみてください。より多くの方との出会いの中でいい連鎖が生まれることを楽しみにしています。

https://cheercareer.jp/company/offer/3993/3503

下村青
インターン
4月から大学4年生。就活しながらインターンもしています。
4月から大学4年生。就活しながらインターンもしています。
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社EXIDEA