株式会社シルバーライニング
フォロー

この投稿をシェアする:

必殺!テレアポ仕事人!!~プロのテクニック⑤~

必殺!テレアポ仕事人!!~プロのテクニック⑤~

どうも~!シルバーライニングの山中です!
今回で5回目のテレアポ・テクニックについて、

前回は①「架電の量」についてお話しました。

今回は②「トークスクリプト」です。
ようは伝え方です!

最近「伝え方が9割」といった本が売れてますね~。
ああいう感じの「〇〇〇は9割」というタイトルの本が増えましたね(笑)

このタイトルが既にマーケ的な手法ですよね。
〇割みたいな文言に人間は気を引き付けやすい。
数字も13579といった奇数に日本人は特に反応しやすい。

わたしはこういう売れる為に書いている商業用的な本は大嫌いなので読みませんが(笑)

ただ、分かりやすく適度な長さで伝えるっていうのが重要なんです。
トークスクリプトに関しても、
きちんとした説明で作る事も重要ですが、実際には話した時に1~10までぜ~んぶ話したら長ったらしですよね。

自分が聴く側だったらどう思いますか?

相手が欲しい情報は何か?それを整理して伝える。
相手が気になっているようであれば更に深く話す。
必要ない話まで全部話す必要はありません。

しかし、クライアントから依頼されている質問事項や、説明しなくてはいけないところは必ず伝えます。

トークは、相手に合わせて伝わりやすいようにしなければなりません。

電話越しに相手がどんな人なのか。
話すスピード、
声のトーン、
言葉遣い、
些細な情報から人間像を見出す。

せっかちな人なら端的に、真面目な方なら落ち着いて詳しく話す。

これを見極めて伝えなくてはいけません。


だからと言って、その場その場で臨機応変にできるくらい器用な人は稀です。
なので、一度きっちり作ったトークスクリプトをもとに、
端的に話したバージョンもいくつか考えておき、
状況によって使い分けられるように準備しておくとやりやすいでしょう。

今日はここまで、次回まとめに入ります!!!

人事担当 山中

◆◆◆採用情報はコチラから◆◆◆
      ↓↓↓
https://cheercareer.jp/company/seminar/3985

山中 涼
⦅担当分野:人事・社員コーチング⦆ 業務委託 
【出身】栃木県【年齢】31歳(1990年生まれ)【趣味】旅行と温…詳細を見る
【出身】栃木県
【年齢】31歳(1990年生まれ)
【趣味】旅行と温泉、インドア派

シルバーライニングの人事担当(業務委託)と、本業はコーチングをしています
面談しながら皆さんの適正コーチングも行ってますのでお気軽にお声かけください♪

今は違いますが、もともと人見知りです(笑)
頭のネジがどこかで外れてしまい、人前に出て話すことに快感を覚えるようになりました(笑)
毎年どこかの会場で講演しています

【スピーカー登壇歴】
・TEDx テーマ「時間と選択」 
・日本経営道協会主催フォーラム テーマ「組織イノベーション」

☆ FacebookのリンクからTEDx視聴できます♪
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社シルバーライニング