株式会社シルバーライニング
フォロー

この投稿をシェアする:

必殺!テレアポ仕事人!!~プロのテクニック③~

必殺!テレアポ仕事人!!~プロのテクニック③~

どうも~!!シルバーライニングの山中です!!
今回で3回目、今日こそはテクニックメインで話します(笑)


前回まではメンタルについてお話してきました。
何の仕事でもそうですが、メンタルの持ちようでパフォーマンスは大きく変わりますので、テレアポに限らず参考にしていただければと思います。
テレアポ用で書いた記事ですが考え方は応用が利きますし、むしろ不変の考え方をテレアポに代用してみただけです。
皆さんもプロの考え方を身に着けてくださいね。


前置きが長くなりました。
ではテレアポの技術的なテクニックですが、
ポイントとしては「架電の量」と「トークスキル」です。

①架電の量
当然ですが電話を架ける量が多ければ多い程、アポが取れる確率は高まります。
何故かわたしは普通より架ける量が多いです。なのでアポの件数も多いです。

どのくらいかというと、一般のパート・アルバイトさんたちの2倍くらい・・(笑)
ふつう100件かけている案件を200件かけたりします(^^;

テレアポのできる時間って限られているのでまさに「時間との勝負」なわけですね。

と言っても同じトークスクリプトで話しているのに、どうしてそんなに増えるの?って話ですが・・・

簡単な話が徹底的に無駄を省く!!!です。

電話を架ける行動はもちろん早くする、これは当たり前ですね。
ではトークは?というと、回りくどくて無駄な言い方は省く。だけど伝えなくてはならない事は必ず話す。ということ。
つまり、テレアポをする前に自分でトークスクリプトを少し見直しているのです。
だいたい皆さんやっている事だと思いますが、電話を取った相手にとって必要な情報と、そうでは無い物は結構あります。
基本に忠実は徹底すべきですが、長い電話は相手に嫌われます(笑)

そして、最後に・・・秘儀を教えます。
電話を早く切る!!!です。⇐これ極意です。

これはめちゃくちゃ効率が上がります。

長くなってしまったのでまた次回(^^♪


人事担当 山中

◆◆◆採用情報はコチラから◆◆◆
      ↓↓↓
https://cheercareer.jp/company/seminar/3985

山中 涼
⦅担当分野:人事・社員コーチング⦆ 業務委託 
【出身】栃木県【年齢】31歳(1990年生まれ)【趣味】旅行と温…詳細を見る
【出身】栃木県
【年齢】31歳(1990年生まれ)
【趣味】旅行と温泉、インドア派

シルバーライニングの人事担当(業務委託)と、本業はコーチングをしています
面談しながら皆さんの適正コーチングも行ってますのでお気軽にお声かけください♪

今は違いますが、もともと人見知りです(笑)
頭のネジがどこかで外れてしまい、人前に出て話すことに快感を覚えるようになりました(笑)
毎年どこかの会場で講演しています

【スピーカー登壇歴】
・TEDx テーマ「時間と選択」 
・日本経営道協会主催フォーラム テーマ「組織イノベーション」

☆ FacebookのリンクからTEDx視聴できます♪
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社シルバーライニング