株式会社アイ・ディ・エイチ
フォロー

この投稿をシェアする:

私の就職・転職エピソード。【part1】

こんにちは、採用担当の渡邊です。
アラサーの私ですが、高校を卒業してから働いているので
社会人としてはもう10年選手になります。(ひぃぃ)
そしてIDHは3社目の会社になります。

今後数回は、私がこれまで就職したときのエピソードや
転職をした理由についてお話しようと思います。
連載になりますがお付き合いくださいませ(笑)

まず、1社目は地元で就職しました。
元々は大学に進学予定だったのですが、
願書を送る前日くらいに突然取りやめたので
その頃には就職組は既に就職先が決定しており、
私は自分で仕事を探すしかありませんでした。(今考えると怖すぎるw)

田舎なので、正社員と言えば工場の作業員とか飲食くらいしかなく
できれば事務職に就きたいと思っていたものの、
商業科でもなかったため簿記の資格も持っていなかったので
母に勧められてそこから医療事務の勉強をしました。
学校が休みの毎週土曜に丸一日、近くの貸会議室で行われる講義に参加して勉強し
3月に試験を受けました。

その年の3月はと言うと、3/11に東日本大震災。
その一週間後くらいに、余震で私の実家も震度6の被害を受けました。
その次の日が試験だったので電車で試験会場まで行けず、
親に送り迎えを頼んだことは記憶に新しいです。

試験は無事合格したのですが、
実際に就職活動をしてみると医療事務の募集は「経験者のみ」の募集ばかり。
未経験者の採用は、医療事務の専門学校を卒業した方だけのようでした。
(調べとけって感じですが…汗)

そこで一般事務も含めて仕事を探しました。
ハローワークに毎日通い、無料の求人誌も使う中で
某携帯キャリアの販売等をする会社の受付と小さな町工場の事務職を受け、
すぐにOKが出た町工場の方に入社を決めました。
面接へは何の準備もせず、
とりあえず履歴書だけを持って行ったことを覚えています。

町工場に入社を決めた理由としては、
とにかく早く仕事がしたかったのと、
某携帯キャリアと比較した時に
・土日のお休みの方が良い
・クレームつらい
・競争とかノルマは嫌だ
・人数が少ない会社の方が評価もダイレクトかなぁ
と思ったからです。

高校を卒業した年の6月から入社し、そこから丸6年、勤めておりました。

上記の通り、私の社会人生活はふわぁっと始まりました。

次回は私が最初の会社に入社した時のお話と
転職を決意した理由について書きたいと思います!
もし良かったらまた読んでくださいね。
よろしくお願いします!


説明会情報をみる

株式会社アイ・ディ・エイチ