株式会社ベアーズ
フォロー

この投稿をシェアする:

海外人材サポート部門の社員に聞いてみた!仕事の醍醐味は何?

海外人材サポート部門の社員に聞いてみた!仕事の醍醐味は何?

こんにちは!
株式会社ベアーズ採用担当の小西です。

今回は新卒入社で営業コーディネーターを経験した後、現在は「海外人材採用教育課」にて活躍している社員に話を聞いてみました!

①入社のきっかけ、決め手は?
就職活動をしているときは、保育の知識も生かして仕事がしたいという考えがあり、
また、英語を使った仕事をしてみたいとも考えていました。

そして誰かの役に立てるような仕事がしたいと思い、
どれもが実現しそうなベアーズと出会いました。

ベアーズの 働く女性・子育てをしている女性の役立ちたいという思いにも強く共感し、
ここでの入社を決めました。

②入社後のイメージのギャップはどうでしたか?
会社というと何もかもが決まっていて、型にはまっているというイメージを持っていました。若手の意見なども通りにくいとも思っていました。

実際に入社してみると、まず社長と話す機会が多くあることに驚きました。
そしてやってみたい思いがあれば年齢等に関係なくチャンスをもらえる環境です。

仕事だけではなく、今あるルールそのものも
自分たちでもっと良いものを作り上げていくものだという認識に変わりました。


③武淵さんが仕事をする上で意識していることは何ですか?
私は普段から担当しているお客様だけでなく、
スタッフの方々にも幸せになってもらいたいと考えています。

ベアーズの家事代行のスタッフさんの中には、日本人だけでなく海外人材の方もいらっしゃいます。私は日頃から海外スタッフの方々と拙い英語ではありますが、話す機会を作るようにしています。

スタッフの方々と直接会話をする機会が多いからこそ、
純粋に皆さんにもっと活躍して欲しいとも思って仕事をしています。

お客様の幸せだけでなく、スタッフの幸せも後押しできるのがこの仕事の醍醐味です。


④今ご覧頂いている方々へメッセージ
ベアーズでは、自分の知識や経験を活かしてお客様の役に立てる仕事がたくさんあります。海外人材もたくさんいるので英語を使うチャンスも多い環境です。

「人生に関わるような仕事がしたい」「新しい産業の確立にチャレンジしたい」
と考えている方は活躍できると思います。

小西一駒
採用担当
べアーズの採用担当「採用という手段(ツール)で利益の最大化」を目…詳細を見る
べアーズの採用担当
「採用という手段(ツール)で利益の最大化」を目指す。

地元である広島の大手塾にて塾教師としてのキャリアを積んだ後、東証一部の人材紹介会社にて営業・求職者対応の担当し採用に関わる。

決められたオペレーションをまわすことを求められる環境よりも、
自分で創意工夫しながら組織作っていける環境でキャリアを積みたいと考え現在に至る。入社後は、採用フローの見直し、ペルソナ設計、新卒研修再構築、その他社内PJの企画・実行などを行っている。
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ベアーズ