平尾化建株式会社
フォロー

この投稿をシェアする:

東海道五十三次に足場・・・?

東海道五十三次に足場・・・?

平尾化建の採用担当です。

先日、葛飾北斎の作品に足場がある、
とご紹介させていただきましたが、今回はその第2弾です。
(ちなみに第1弾の葛飾北斎についてはコチラ

■東海道五十三次「吉田」
絵の右側に見える吉田城は、豊川と朝倉川の合流する
天然の要害(ようがい)に築城された平山城です。
最初にここへ城を築いたのは今川氏の重臣 牧野左衛門入道でしたが、
桶狭間の戦い(1506年)で今川氏が敗れた後は、徳川家康がこれを手中に収めました。

一方の、絵の左側にある川に架かった豊川橋(吉田橋)は、
東海道三大橋のひとつで、伊勢湾の交通の中心となっていました。

この絵の城は普請(工事)中です。
作業中の職夫の一人が城の南西にあった入道檜で組まれた足場の上から手をかざして
吉田橋を渡る大名行列を眺めているのが見てとれます。


足場の歴史は非常に古いため、、歴史シリーズなんかも出来そうです。
また他にもご紹介できればと思います!

さて、平尾化建では
現在21卒の方を対象に人事面談を行っています!

日本中の建設を陰から支え、一緒に新しい歴史を刻みませんか?
エントリーお待ちしています!
▼▼
https://cheercareer.jp/company/seminar/3882
※「随時開催中」よりエントリーください。

個別に日程候補をお送りさせて頂きます!



平尾化建株式会社