株式会社irodas
フォロー

この投稿をシェアする:

【ガクチカ】の書き方

【ガクチカ】の書き方

こんにちは!irodas内定者の小林です!

今回はみなさんにガクチカの
フレームワークをお伝えします!

【STAR法】ってみなさんご存知ですか?

【STAR法】とは「Situation(状況)」「Target&Task(目標と課題)」「Action(行動)」「Result(結果)」の頭文字をとって略したもので、文章を論理的に書く際に頻用されるフレームワークの一種です。

Situation(状況)
まず冒頭のSituationでは取り組んだ内容を簡潔に述べ、概要を記述するようにしよう。基本的には取り組んだ内容やその中での役割、結果を記載すると良いでしょう。
また成果の中に数字で表現するとより伝わりやすいガクチカになります。

Target&Task(目標と課題)
続いて、Target&Taskでは取り組んだ活動の中であなたが掲げた”目標”とそれに伴う”課題”を記述していきます。この際、目標はなるべく定量的に記述することや、具体的な課題を記述するように意識しましょう!

Action(行動、施策)
続いて、Actionでは上記の目標や課題に対してあなた自身が具体的に行った行動や施策を記述しましょう。行動や施策としては2つ3つほどあるとより具体性が増し、良い印象を与えます。

Result(結果)
最後にResultではこれらの一連の行動を通じて最終的に出て成果を記述しましょう。ポイントとしては
・当初立てた目標は達成できたのか
・(文字数的に可能なら)この活動から学んだことは何か
についてしっかり述べていきましょう。

みなさんもぜひこの【STAR法】を用いて
ガクチカを整理してみてください!
詳細は以下のnote記事に記載してるので是非確認してみてください!?

ちなみに弊社はキャリア教育を行なっている会社です!
ぜひ弊社について知りたい方は下記の説明会にご参加ください!

▼Web説明会(zoomで行います)
12月15日(火)16:00〜17:00
https://cheercareer.jp/company/seminar_detail/3871/86538
12月19日(土)16:00〜17:00
https://cheercareer.jp/company/seminar_detail/3871/85918

⏬note記事
https://note.com/irodas/n/n7400f548dfdd




小林健也
内定者(採用・マーケ担当)
株式会社irodas / 21卒内定者関西学院大学/商学部に所属…詳細を見る
株式会社irodas / 21卒内定者
関西学院大学/商学部に所属。学生時代に1年間サンフランシスコに学生アンバサダーとして交換留学。平均GPA3.90を獲得し現地で成績優秀者に認定される。【正しい選択より、選択を正しく】がモットーであり、当時社員が15人ほどのirodasに魅力と可能性を感じ意思決定。現在はirodasで講師をしている傍、マーケティングや採用に従事。
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社irodas