【社員インタビュー】「iYellがいい。」と思ってメガバンクからiYellに飛び込んだ話

2022.11.08

【社員インタビュー】「iYellがいい。」と思ってメガバンクからiYellに飛び込んだ話

【プロフィール】
桝田さん|社長室金融DXチーム所属。前職はメガバンクで個人営業課長を経験、事業性・不動産融資や資産運用のマネジメントに従事。2022年3月iYellにジョイン。趣味は神社参りと資産運用。iYellではワークスタイルセレクト(以下WSS)のリモートワークを一部利用して勤務。8歳児の父。Twitter:@master_iyell
木村さん|iYellists Partners Office採用責任者。学生時代に「誰かが喜んでくれる」ことにやりがいを感じ、サービス業界に就職。その後、自分の可能性を広げるためiYellにジョイン。「社員がiYellで働くことで幸せになること」を第一に考え、熱い思いを持って日々採用にあたっている。Twitter:@kimura_iYell
誰よりも強い自分でいたかったー新卒の時にメガバンクを志望された理由はどのようなものだったのですか?
学生時代に金融系の資格を取得したことから金融業界に興味を持ちました。企業活動や人の生活を支えたり夢を叶えるためにはお金は欠かせないものであり、銀行は日本経済を支える役割を担っているためやりがいがありそうだと感じ、入社を決めました。
それと同時に、母子家庭で育ったため「誰でも知っているような大手企業に入社することで母を安心させてあげたい」という思いがあったのも正直なところでしたね。
入社後は、同期の誰にも負けない営業成績をあげたいという思いが強く、目標達成に向けて日々営業活動に打ち込み実績を積み上げる事自体がモチベーションになっていました。
「在りたい姿」を叶えられる場所がiYellだったー転職をしようと思ったきっかけは何だったのですか?
理由は大きく二つあって、一つは入行10年を超えたあたりで将来の自分自身のキャリアについて考えた時に、ずっと一つの職場で働き続けるのも良いけれど一つの区切りとして「新しい挑戦をしたい」という思いを持っていました。もう一つの理由は、プレイヤーとしてではなくマネジメント目線で支店の営業目標の達成を指揮する立場になった際、仕事をするうえで自分が在りたい姿と乖離してしまう場面が多くなり、次第に大きく違和感を感じるようになってしまいました。


...文字制限があり、全て書ききれなかったので、続きはiYellのブログ「iYellook」へ!iYellが気になった方は説明会へ GO!
https://cheercareer.jp/company/seminar/3825

面白いと思ったらシェアしてね☆


投稿一覧
12345