HOME株式会社SUMUS
株式会社SUMUS
フォロー

この投稿をシェアする:

挫折をプラスのエネルギーに変えられる環境って、やっぱり大事だと思うんです。

挫折をプラスのエネルギーに変えられる環境って、やっぱり大事だと思うんです。

こんにちは!ディレクターの堀川です。
今回はコンサルタントの東郷さんにお話を伺いました。
東郷さんは音楽の専門学校、法政大学、明治学院大学法科大学院を経て、原子力損害賠償紛争解決センター(文部科学省管轄の施設)での和解仲介業務に携わり、その後、居酒屋の店長やハウスメーカーの営業マンも経験した、異色の経歴の持ち主です。

▼ねばり強さが欠けていた

堀川)これまでの経歴について教えてください。

東郷)挫折ばかりの人生を送ってきました。高校を卒業して音楽の専門学校に進むものの、周囲の技術の高さについていけず、数ヶ月でドロップアウト。その後、弁護士を志し、大学と法科大学院で勉強漬けの日々を送りましたが、二度の司法試験に失敗しました。

大学の教授が紹介してくれた原子力損害賠償紛争解決センター(文部科学省管轄の施設)での和解仲介業務、居酒屋の雇われ店長、ハウスメーカーの営業マン、いずれも2〜3年で辞めることになりました。センターの移転や母親の病気など、退職につながる外的要因はありましたが、振り返ると、「なにがなんでも最後までやり遂げるんだ」という思いやねばり強さが、自分には欠けていたのではないかと思います。

しばらく無職の状態で母親の看病を続けていました。しかし、将来のことを考えたとき、さすがにこのままではまずいだろうと、転職活動をすることに。そこで出会ったのがSUMUSです。

▼表面化している課題だけではなく

堀川)仕事内容について教えてください。

東郷)SUMUSではまず、クライアント企業の人事・労務面におけるサポート業務を担当しました。当時はちょうど働き方改革が叫ばれ始めた時期。具体的にどうやって労働時間を管理するのか、あるいは従業員とどのように認識をすりあわせるのか、悩まれている経営者の方が多かったです。なかには労働基準監督署の調査が入り、その対応に困り果てているクライアントもありました。

続きはこちらから▼
https://www.wantedly.com/companies/company_5945012/post_articles/201560


説明会情報をみる

株式会社SUMUS