HOME株式会社トヨコー
株式会社トヨコー
フォロー

この投稿をシェアする:

入社初日にタイ出張?新卒が力を試せる環境が、トヨコーにはある③

入社初日にタイ出張?新卒が力を試せる環境が、トヨコーにはある③

前回の続き、第3弾です!(左:ニック氏、右:中村氏)

―ほお・・・

ニック氏:その企業との商談の際に、茂見からプレゼンの機会を任せてもらいました。入社初日にも関わらず大きな信頼を寄せてくれる姿勢に嬉しく思ったことを今でもはっきり覚えています。頑張った甲斐もあり、「大活躍!!!」と褒めてもらいました。その時に改めて、ここはやりたいことのできる舞台が整っていると感じました。

―まさにニックさんにマッチした企業ということですね。ニックさんのお話を伺うなかでパッションや行動量がすごい印象ですが、モチベーションの源泉は一体何でしょう。

ニック氏:自分のモチベーションは”社会貢献”です。自分が儲かるだけではなく、世の中のためになることを考えながら仕事をしています。
学生時代にタイの工場で日本語通訳の仕事をしていたことがありました。建物の構造上、工場内は非常に暑く、働くのが大変な環境です。タイには日系企業の工場が多くあり、改善しないといけない課題意識を持っています。トヨコーの商品を通して、タイの労働環境を改善できると信じているので、それをモチベーションにして働いています。

―ありがとうございます。中村さんに質問です。若手への任せ方が上手くいっている理由は何でしょうか?

中村氏:経営陣2人の聞き入れる姿勢が浸透している結果だと思います。2人ともすごい経歴やスキルもあるのに、常に新しいことを吸収しようとしています。新人に対しても同様の姿勢を貫き、やりたいことが提案できる人材には最高の環境だと思いますよ。

―とても魅力的ですね。今後、トヨコーの仲間になってほしい人の特徴を教えてください。

中村氏:2つあります。
1つ目が自走できる人。自分で手を上げて提案していくことができる人です。逆にそれができないと苦しいと思います。
学生時代にサークルを作ったとか、事業をやってみたとか、何か提案してやってきたとか、なんでも良いいので当事者意識を持つ人材を求めています。

2つ目はもっと大事です。それは、一緒に呑みたいかどうかです。

―詳しく教えてください!
(次回に続く)
https://www.passion-navi.com/company/seminar/3813


説明会情報をみる

株式会社トヨコー