HOME株式会社アーシャルデザイン
株式会社アーシャルデザイン
フォロー

この投稿をシェアする:

「女性=カッコ良い・強い」のモデルに〜女性が安心してキャリアを積める社会づくり(前編)

「女性=カッコ良い・強い」のモデルに〜女性が安心してキャリアを積める社会づくり(前編)

久々の社員インタビューです!
第6弾は、新卒事業部にてキャリアアドバイザー(CA)として、またチームをまとめるマネージャーとして活躍中の長谷部真由さんにインタビューをしました!
今回は、2回に分けてお届けします!前半は、転職のきっかけからアーシャルデザインに入社するまでのことを語っていただきました!

■転職のきっかけはどんなものでしたか?
マネジメント経験を生かしてさらにマネジメント分野を経験したいということで、転職を考えました。新卒3年目の時です。

■アーシャルデザインのことは何で知りましたか?
マネジメントの経験を生かすということを軸に業界を考えた時、人を扱う仕事じゃないと生かせないと思ったので、人材で調べました。また、自分自身が体育会だったということもあり、体育会の気持ちがよりわかるのではないかと思い検索したら、アーシャルデザインがヒットしたんです。

■アーシャルデザインの印象や決めた理由は何でしたか?
よく覚えているのが、面接のつもりで行って一番最初に社長に会った時に、社長は私のことをサービスを利用してくれる人だと勘違いしていて、求職者として面談を受けました(笑)
実は御社を志望していてと伝えたら、アーシャルデザインの話を色々としてくれました。そして、良い意味で派手さのないところに惹かれました。他の人材紹介会社にも行きましたが、一発目で社長に会えることはないし、会社の雰囲気も見えづらかったんです。社長が話をしてくれたことによって、話しやすいし一緒に仕事をしたら楽しいと思えました。
アーシャルデザインに行こうというのは最初の接触でもう決まっていたので、そこからは「絶対内定をとらないと!」という感覚が芽生えました(笑)
規模感でいうと、大手よりむしろ中小やベンチャーを見ていました。前職で大手を経験してみて、大手の動きづらさを感じていたからです。
もっと難しいマネジメントをしたいという気持ちがあり、少数精鋭が自分にとって大きな成長の一つだと考えました。
アーシャルデザインの面接では、ほぼ全員の社員と会いました。自分の思いに共感してもらい一緒に働きたいと思って欲しいと思いましたし、事前に皆に会いたいと思っていたので、とても良かったです。


次回後半は、アーシャルデザインで働いている中で感じることや今後について語っていただいています。
お楽しみに!



株式会社アーシャルデザイン