株式会社アーシャルデザイン
フォロー

この投稿をシェアする:

いろんな働き方のロールモデルになりたい

いろんな働き方のロールモデルになりたい

今回は、社員インタビューを掲載します!
新卒事業部にてキャリアアドバイザーとして活躍中の清水なな帆さんにインタビューをしました!


■アーシャルデザインに入社する前、清水さんは何をされていましたか?
前職は、ITの研修の営業をしていました。プログラミングの研修を需要のある企業さんに売っていましたね。

■アーシャルデザインのどのようなところに魅力を感じましたか?
アーシャルデザインは知り合いから紹介してもらったんですが、スポーツに関わる事業に携われるというところで、自分も大学でスポーツの勉強をしていたので合うと思いました。あと、もともと『教育』にも興味があったので、面談を通じて学生を育てていくという点でマッチしました。

■アーシャルデザインに入社してみて、大変だったことはありますか?
1人の人の人生を背負っているので、自分の一言が相手を左右するプレッシャーの中で最初は知識がないので手探りな部分も多くて、、でも学生を良い形に導いてあげないといけない、そんなジレンマがありました。
学生は素直な子は良くも悪くもネット情報なども含めてを全て信じてしまいますし、逆に、潜入感を強く持ちすぎてしまっている子はその考えを正してあげるのが難しい。
視野を広げるためにも就活や企業に対して多角的に考えられるようにしてあげたいのですが、なかなか難しいですね。

■では、逆にやりがいはどのような時に感じますか?
学生と一緒に考えて、学生の望む将来を実現できる会社に決めてあげられた時ですね!

■清水さんが、働く上で大切にしていることは何ですか?
企業の気持ちもおろそかにしない、学生の考えや気持ちもおろそかにしない、ということですかね。  
どちらもハッピーな着地点に持っていく努力をすることです。

■今後取り組んでいきたいことや理想像があれば教えてください。
「いろんな働き方のロールモデルになりたい」です。女性は、ライフイベントの多さによって考えることが男性より多い。子どもが出来たからやめないといけない だとか、こうしないといけない といういろんな潜入感を払拭したい。そのモデルケースになれると良いですね。そのために会社にも働きかけるし、そこは社長も理解があるので、女性の働きやすい環境が実現できるのではないかと思っています!


これから徐々に個性豊かなメンバーを紹介していきます!


説明会情報をみる

株式会社アーシャルデザイン