株式会社 才
フォロー

この投稿をシェアする:

2020年の新卒社員(インターン生)にインタビュー!|小山 剛史

2020年の新卒社員(インターン生)にインタビュー!|小山 剛史

■就活ではどんな会社を探してた?
いちばんは「自分で稼げる力がつく会社かどうか」という点。もっと言えば、自分の頑張り次第で給料が上がったり、昇進できたりする会社ですね。あとは、その会社で将来、コアメンバーになれるかという点も重視しました。
 
それ以外だと、風通しが良くて意見が言いやすい会社。オンとオフがはっきりしていてメリハリをつけて働ける会社。仕事をやらされるのではなく、自分で考えて働ける会社。そんなポイントで就活をしていました。
 
■入社を決めたポイントは?
「ベンチャー=体育会系」っていうイメージがあるじゃないですか。でも、自分はそういう属性じゃないから、面接のときに聞いてみたんです。「体育会系ではないけど大丈夫ですか?」って(笑)。そしたら、岡田さん自身も昔は人見知りで前に出ていくタイプじゃなかったって話してくれました。それが大きな決め手になりましたね。
2回目の面接のとき、「自分一人でも稼げるようになりたい」っていう話をしました。他社の面接では、話を盛ったりすることもありましたが、才の面接は話しやすくて、本音をそのままを話せたんです。そういう、みんなが自分を受け入れてくれる感じがした会社は他にはなかったので、そのあたりも大きかったと思います。
 
■才の第一印象は?
ベンチャーだけど、ゴリゴリなベンチャーではない。地に足が着いたベンチャーという印象でした。岡田さんの人柄からそう思うのかもしれません。よくいるイケイケなベンチャー社長ではなく、優しさや包容力を感じる社長です。
 
■インターンとして働いてみて感想は?
自分は何でもシミュレーションしてからやるタイプなんですが、インターンでは、とりあえずやってみたほうが得るものが多いことを実感しています。頭でいろいろ考えるより、実践のなかで掴んでいったほうが早いなと。
あとは、やらされている仕事だと思ったらやっぱり成果は出ません。そういう意味では今、自分で考えて主体的に働けているのは良いことだと思っています。
 
■将来、どうなりたい?
まずは、提案から契約まで自分の力でやりきって、自分でお金を稼いだという実感を得たいです。営業として数字を残すことが第一です。将来的には、自分は一期生なので、下に入ってくる後輩達の見本になれるような人間になっていきたいと思っています。


説明会情報をみる

株式会社 才