株式会社トップゲート
フォロー

この投稿をシェアする:

【社内開発事例】好きで作ったアプリが会社で正式採用!?あなたの「好き」がみんなの役に立つ!!

【社内開発事例】好きで作ったアプリが会社で正式採用!?あなたの「好き」がみんなの役に立つ!!

こんにちは。

突然ですが、皆さんはプログラミングが好きですか?
トップゲートのエンジニアはプログラミングが大好きで、活発にアウトプットを行なっています。

でも自分の「好き」と「仕事」はやっぱり違うし、社会で生きていくためには「好き」を捨てなきゃいけない時も来る。。。なんて考えたことある方もいるかもしれません....

しかし、トップゲートではそんなことありません!あなたの「好き」が、きっとみんなの役に立ちます!!
今回は、プログラミングが大好きなトップゲートエンジニアが経験した、「好き」から始まった一つの事例を紹介したいと思います♪

始まりは趣味でした。
昨年、大阪事業所が新事務所へ移転することが決まりました。ドキドキワクワクいっぱいの中、問題がありました。
「受付、どうしよ?」
以前の事務所は小さな場所で、きちんとした受付はありませんでした。ですが、新事務所は立派なオフィスビルで受付が必須。そこで受付用タブレットを設置することになりました。

タブレットアプリは本社で制作することになったのですが、地域の文化や物理的な設置場所など様々な環境の違いにより、アプリ開発に難航していました。
そこでなんと大阪のフロントエンドエンジニアの古川さんが、
「じゃあ大阪向けのやつ、勝手に作ろか?」
と声を挙げてくれたのです。

古川さんは普段から趣味でウェブアプリを制作しており、自分の作ったアプリをいろんな人に使ってもらうのが大好き。今回の受付アプリも「なんか作るの楽しそうやし、そういうの好きやから」という理由で手をあげてくれました。そうして、仕事の合間の息抜きとして受付アプリ開発が始まりました。
受付アプリは2日ほどで完成。誰にでも直感的にわかりやすいインターフェイス、音声合成によるナレーション音声、幾何学的にアニメーションする背景、事業所内に来客を知らせるブザー機能。受付アプリとして必要な機能を全て兼ね備えていました。タブレットは事業所移転初日から早速大活躍!単なる趣味から始まった受付アプリは、晴れて正式に「トップゲート大阪事業所の受付アプリ」になったのです!

トップゲートではエンジニアの「好き」を大切にしています。
皆さんも、「好き」を仕事に繋げてみませんか??


説明会情報をみる

株式会社トップゲート