株式会社WinGrow
フォロー

この投稿をシェアする:

外国人の方のおかげで気付けたこと

外国人の方のおかげで気付けたこと

先日友人の結婚式に参加してきました!

いや~、久々に号泣でした。。。


2年生の専門学校に通っていたのですが
友人とは平日は学校で、平日の夕方と土日は一緒のインターンシップ先で

2年間365日中340日ほど毎日顔を合わせた”戦友”の結婚式でしたから
こみ上げるものも相当なものだったな~と、、、


インターンシップ先が一緒だった仲間たちとは今でもとても仲がいいのですが
いつも会うと昔話に花が咲きます。

当時は、全員女子だったので時には仲間の悪口を言ってしまったり
グループが別れてぎくしゃくしたり
他の友人とは一度もしたことがないのですが
泣きながら怒鳴りあって喧嘩をしたことなんかもありました。

でもなんでこんな事を今では笑って話せるのかな~と思ったときに
当時の私たちは何に対しても真剣で
仲間の緩んだ気持ちが許せないほどまっすぐで
学生ながら遊びや単位の為ではなく真剣にお仕事をさせてもらっていたからかな。
と私なりに思います。

こんな事聞くとめちゃくちゃ仲悪いじゃん。という感じですが笑

物凄い数の喧嘩をしてきた私たちですが、みんな共通で意識していたことは
「ありがとう」と「ごめん」をきちんと使うこと。

仲間に指摘されたことはきちんと理解して、ごめん
何か周りの為にしてくれていると気付いたときには、ありがとう

当時の職場には外国人の方が沢山居て 一緒に働いていたのですが
共通していう事は「すみません」という言葉は何なのかという事。

嬉しい事をしてもらったのに「すみません」
悪い事をしたのに「すみません」

せっかく「ありがとう」と「ごめん」という良い言葉があるのに
使わないなんて日本人は損をしているといつも言っていました。

私たちは当時から意識して言葉選びをしていたおかげで

言い合う仲にも、友情は壊れず、20代半ばになっても
ずっと変わらず信頼しあえる仲間になれたと思っています。


とっても便利ですよね!「すみません」て!

でも、きちんと日本語を使う事で新しい気付きも生まれるかもしれませんよ♪

(写真は式場で食べた口の中で溶けて行ったお肉さんです)

-----------------------------------------
★現在企業説明会のご予約をお受けしております!
↓↓お申し込みはこちらから可能です↓↓
https://cheercareer.jp/company/seminar_group/3686/4392


早坂 恵理奈
新卒採用担当
1995年10月30日生まれの25歳。 北海道帯広市出身。地元を…詳細を見る
1995年10月30日生まれの25歳。 北海道帯広市出身。地元をこよなく愛しています。 北海道芽室高等学校を卒業後、 札幌ブライダル&ホテル観光専門学校へ入学。 専門学校生活2年間続けていたインターシップ先である 札幌市円山にある結婚式場へ就職。 式当日の責任者やドレスコーディネータとして勤務し 最高以上の感動をお客様に感じて頂く為部活のようにがむしゃらに働いていました! ブライダル業界しか知らない人生なんて勿体ないと思い 様々な飲食店、お花屋さん、コールセンターを経験しました。 「自分がされて嫌なことは、絶対に相手にはしない!」が私のモットー! 当たり前を完璧にできる人が1番かっこいい! 皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社WinGrow